思い起こせば、前回の登場から四年経ちました(→)。
 

その間、いくつかの台風や豪雨もありましたが、ビルには幸い何事もなく、映画館の営業をつつがなく続けていただくことができました。ひとえに皆さまのご配慮・ご心配のたまものです。やれやれ。ほっ。

老舗の街「元町商店街」にも、ゆるやかなりに時代の流れがあり世代の交代があり、この間、映画館東側のいくつかのお店が閉店しました。なかでも、「元町映画館」の第一応接室を(勝手に)兼ねていただいていた名店「喫茶ウィーン」さんの閉店は、長年お店を支えてこられたご夫婦のハッピー・リタイアにともなうものとはいえ、神戸の喫茶店ファンのひとりとしては大変残念なことでした。
 

すでにお聞き及びの通り、これらのお店のあったスペースに新たにビルが建ちます。一階・二階は店舗・事務所、三階以上がマンションになるということです。施工は生和コーポレーション株式会社神戸支店さん(以下SEIWAさん)。きっと立派なビルが建って、人気のお店がオープンし、四丁目の街の賑わいも更に増すことになるでしょう。

しかし、立派なビルが魔法のようにポンとできるわけではないので、完成までには長い工事の期間が必要です。先日はSEIWAさんから取締役さんも挨拶に見えられ、繁華な商店街に面した工事ということで、もちろん安全や騒音には必要な注意を払って作業を進めます、とのことでした。建物も、一部のうわさにあったような「超高層」ではなく、8~12階のものになる見込み、「図面」が決まってお役所の許可が下り、本格的な工事に入るのは来年の夏以降、とのことでした。
 

映画館のほうでは、施工業者さんにも工事の期間・時間等にご配慮いただきながら、上映・鑑賞に支障が出ないように、最大限の努力をしていくことになると思います。9月16日には現場責任者の方がおいでになり、映画館側からの要望を聞いていただきました。

001.jpg

まずは映画館東から南に広がるいくつかの既存建物の解体工事ですが、更にそれに先立って隣接する映画館東側の壁に防音パネルと防音シートを設置していただくことになりました。工事は10月11日から約一週間。さらにそのためには既存のブロック塀を撤去しなければなりませんが、それも『マリア・カラス』の上映終了後、10月8日朝から素早く、ということになりました。9月27日には早朝上映前に、さっそく下検分においでになりました。

002.jpg

27日午後からは、映画館とSEIWAさんで工事中の「遮音」についての検討会を開きました。

003.jpg

映画館の開設に際してお世話になった「人・まち・住まい研究所」(→)の建築士・浅見さんも助言に来てくださいました。高音域の騒音はかなり閉じ込めることができる、低音域、振動に近いものほど難しい、とのことですが、今後もいろいろな工事の影響を見定めながら、本工事に向けてご一緒に検討を続けていこうと思います。


という次第で、施工業者さんサイドもご努力下さいますが、なにぶん巨大な機械で膨大な資材を動かす作業ですから、資材や機械の不測の動きということは、時には起りえることです。またそういった際には、関係する作業員さんの安全が最優先にされるべきなのも、当然のことです。なにかの機会に音が漏れてくるようなことがあったら、あ、何かあったのかな、でも無事でよかったな、と曲げてご了解ください。音の漏れが度重なるようなら、映画館スタッフにお申し越しください。業者さんと協議・交渉の上、対応します。

今後も工事の進行や業者さん、近隣・商店街との交渉の進展など、「元町館」ビルの保全についての情報は、このブログでお伝えしながら、どうしても必要なご支援・ご援助も、ときにはお願いすることもあるかも、と思います。よろしくお願いします。

(堀)


Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/820-c828010a