上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



何なんだろう、このおもしろさは。
本国韓国でも興行成績が良かったとは聞いていたけれど。
ワクワクドキドキし、ハハっと笑わせ、時にはしんみりさせる。
もうハリウッドを超えたんじゃないかと思わせる、韓国映画の進化ぶりを見た。

物語の主人公は、高級外車盗難事件を捜査する熱血刑事ドチョル。
その捜査中に、一人のトラック運転手に出会う。
しかしその後、運転手の息子からドチョルに電話が入る。
父親が意識不明の重体だ、と。
それはシンジン物産を訪れた後だった。
シンジン物産側は、彼が勝手に起こした事故だと言うが―。

とにかくアクションが凄い。
後半の明洞の暴走シーンなんて、どうやって撮ったんだろう、
よく事故もなく撮れたなあ、と思った。
役者も凄い。
えっ、そんなことまでするの?と思うぐらい、体を張って演技をしていた。
ユ・アインなんて、韓国ドラマの王子様役はどこいったの?
というぐらい、悪役全開の財閥の御曹司役。
ファン・ジョンミンは、アクション俳優だったっけ、と思うくらい、
切れっきれの飛び蹴り。

ちなみにファン・ジョンミンは、
かつて当館が上映した『新しき世界』で、
イケメン主役のイ・ジョンジェよりかっこいい♡と、
当館支配人が目を付けていた俳優さん。
あれよあれよ、という間にヒット作に連続出演し、
今は脇役ではなく、もう安定した主役。

韓国ドラマでおなじみの、ナッツリターン事件と同じく、
財閥のずるさも描かれているけれど、とにかくスカッとするおもしろさです。
エンディングすら、オシャレです。
是非、劇場で体感しにきてください。

(空飛ぶ猫)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/816-9430c829
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。