上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2016年
映画初めにぜひこの作品をご覧ください。


『シーヴァス』

少年も犬も同じ目線。

最近、トルコ映画の活躍が目覚ましい。『蜂蜜』(セミフ・カプランオール監督。第60回ベルリン国際映画祭金熊賞)『雪の轍』(ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督、第67回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール受賞)など上映前からかなり話題になっている作品が多い。しかしこの『シーヴァス』今風に言えばヤバい作品だ。何がヤバいってこの写真ビジュアル。

ヤバい あらすじ
トルコ東部のアナトリア地方に小さな村が舞台。11歳の少年アスラン(この少年がやばい、名前めっちゃ強そう)同世代の子供たちの中では最も小柄でひ弱な感じだ。そんなアスランの学校で舞台「白雪姫』をすることになった。想いを寄せるアイシェはヒロイン役。しかし、王子役は村長の息子オスマン(名前強そう)が任命される。もちろんその状況にアスランは面白くない。諦めきれないアスランは担任の教師に懇願する「役を変更して欲しい」と。しかし簡単にあしらわれてしまう。
そんなことをしていると村に闘犬の一団がやってきた。この地では闘犬が娯楽の一つとなっていた(法律では厳しく取り締まりがある)そこで彼はシーヴァスと出会う。シーヴァスはオスマンの飼う闘犬ボゾ(ジオン軍のMSみたいな名前。これも強そう)に敗北し、血だらけで横たわっていた。そんな彼を誰もが見捨てようとしていたがアスランだけは彼を生きていると確信し、引き取って飼い主となった。そこからアスランとシーヴァスの「トルコ最強の犬」になるための生活が始まる。

とにかく弱い、アスラン弱い。ポスターのビジュアルはとんでもない眼力なのに、好きな子にもそっぽを向かれ、兄には怒られる。弱い、弱いぞアスラン。彼が主役に選ばれた理由、それは「彼がいつも負けていたから」だそう(公式パンフレットから)こどもたちの間で流行っていたゲームで常に負けていたから。彼は選ばれた理由を知っていたのだろうか….

しかし、彼はかっこ良い!初めは柔らかいニット素材の服を着て「あぁ〜、あの娘可愛いな。王子様の役になりたいな」(実際にはこんな台詞は言っていません)が表情から見てとれます。そして実際に行動にも映します。しかし結果には繫がりません。わずかな建物しかない土地、大地を目の前にして彼の姿はいかにも”冴えない”少年です。欲求を全面に押し出すのは後半の布石でしょうか。物語の冒頭の打ち上げ花火がそれを思わせてくれます。障害物のない空に打ち上がる火花。後半、シーヴァスに出会ってから彼の想いは爆発します。

闘犬の怪我から順調に回復したシーヴァス。アスランとの関係も良好です。しかし、彼の耳にシーヴァスが売りに出される話が舞い込んできます。正に寝耳に水、聞いてないよ〜状態です。
彼の見せ場はここから始まります。
常に彼の立場は下(兄との喧嘩でも馬乗り、教師に演劇の役を交渉する際も下から、ポスタービジュアルも上目遣い)そんな彼がここでは上からものすごい形相で相手を罵ります。「シーヴァスを売って金が欲しいなら、俺の服も売ればいい」そういいながら自らの服を脱いでいきます。彼の住む家はどちらかというと小さい2階立て。少し斜面になっているところか相手を見下げ、服を投げ、石を投げ、抵抗します。監督は当時、アスランの側でずっと演技指導を行っていたそうです。ほとんどアドリブはないそうなので、このシーンこそがアスランの本性なのでしょうか。監督が引き出したと言っても過言ではないでしょう。
これをキッカケにアスランは変わります。

闘犬のシーンも見所の一つではないでしょうか。シーヴァスはまるでアスランの気持ちがのりうつったかのように、相手に向かっていきます。アスランも回りの観客に混じってその模様を見つめます。カメラは一定の距離を保ちながらもあくまでアスランの視線と同じ高さから撮影されます。ここでは群衆が円形のリングを作ります。その中で2匹の犬が闘っています。2匹はおよそ5分間の戦いの中でその円の中で戦います。決して円の外にはみ出ず、逃げ出すようなことはしません。相手の犬はオスマンの飼い犬です。ここではアスランの「舞台で王様の役をしたい」想いをオスマンに変わって飼い犬のボゾにぶつけているのではないかと思われます。しかし決して外にはみ出ることもなく、人間(大人)が見つめる中で戦います。年上の監視下の中で自分の牙を出し合い、噛み付く。しかし、人間の監視は外れない。
監督は前半でアスランの成長を描きながら、この少年が生きる世界はまだ一部の大人が監視している閉鎖的な環境で生きるていることを表現したかったのではないでしょうか。


アスランとシーヴァス、身体を張った演技があるからこそ、”最強”を決める闘犬の試合、ラストシーンがさらにかっこよく見えます。
派手なアクションなどは出てきません。男性には特に見て欲しい。1/2~2週間上映。水曜日はメンズデー(¥1100)ぜひご覧下さい

(芋羊甘)
Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/801-3982389f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。