上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



映画とは基本的に絵空事の世界で、嘘の世界である。自分が住んでいる日常では起こりえないような出来事がスクリーンの中で描かれている。だからこそ私たちは娯楽として映画を楽しむことが出来るのだと思う。しかし、時として、映画の中で描かれている出来事や登場人物があまりにも自分の身の回りや、もしくは自分そのものなのではないかと思ってしまうぐらいシンパシーを感じた時、とてもただ単なる映画として普通に観ることなどできなくなってしまう。私にとって「私たちのハァハァ」はまさにそんな映画だった。今まで2回観たのだが、とてもまともに観ることが出来ない。


クリープハイプが大好きな福岡在住の女子高生4人組が、福岡での彼らのライブに行き出待ちした際、メンバーの「東京に来てください」という言葉を真に受けて本当に自転車で福岡から東京まで行こうとする。私たちのハァハァはそんな話だ。自分の好きなもののためならなりふり構わず突っ走ってしまう。何かとてつもなく好きな物がある人には(それがクリープハイプでなくても)、間違いなく共感できるに違いない。

しかし、この映画が素晴らしいのは、主人公の女子高生4人それぞれのクリープハイプへの想いが微妙に、いや結構ばらばらな所である。これが、4人が4人とも本当に「クリープまじ命!!」みたいなファン設定だったら、この映画はクリープハイプファンへのサービス映画に終わっていただろう。いや、もちろんみんなクリープハイプは大好きなんだけど(これも実は1人あまりクリープが好きじゃない子がいて、リアルだね、なんて通り越してもはや怖いくらいだ)、「好き」の度合いが微妙に違う。この匙加減がこの映画を単なるクリープハイプ映画を超えて唯一無二の傑作となっている所以だ。

4人の女子高生の中の1人に文子という子がいる。この子こそが、私がこの映画を単なる「映画」としてまともに観られなくなってしまった原因である。文子は4人の中で一番クリープハイプの事を愛していて、いわゆる「ガチ勢」というやつである。この文子のガチ勢っぷりがもう「本当に好きなんだねぇ・・・」と言ってしまう感じであり、正直言って観ていてイタイ。でも、私もものすごく大好きなミュージシャンがいて、その人のことになるともう本当に周りの人から観たら「ガチだわあいつ・・・」という感じなので、文子の気持ちが、分かりたくないんだけど分かってしまって観ていてつらかった。しかもこの映画、彼女たちがクリープハイプに見せるためという名目で撮っている手持ちカメラの映像と普通の客観的な視点から撮られたカメラの映像の2種類が使われていて、これがこの映画の「ドキュメンタリーなんじゃないか?」というぐらいのリアルさを出しているのだけれど、実は所々で文子のクリープに対する異常な愛(「カオナシさんは甘いコーヒーが好きなんだよ」とか、実に上手い)を小出しに見せていて、文子と他の3人のクリープハイプに対する想いの違いを暗に示しており、松居大悟監督の確かな演出力に舌を巻くばかりである。これが、元町高架下で撮影されたあの大げんかのシーンを一層際立たせている。

そんなわけで、私はこの映画を観ていて(というか文子を観ていて)まるで自分のことのようでとても胸が苦しくなるのだが、それでもこの映画のことを愛している。なぜならこの映画には、自分の大好きな何かに向かって死にもの狂いでぶつかっていく彼女たちの痛々しくも輝かしい瞬間がおさめられているからだ。福岡に帰る彼女たちには、親からの説教や、学校や、大学受験や、「現実」が待ち受けている。彼女たちは普通に現実の世界に帰っていき、この映画のように初期衝動だけで福岡から東京まで自転車で、なんて無謀なこともしないだろう。文子だって、何年か経てば「私にもあんな時があったなー、いやー黒歴史だよね」なんて言ってるかもしれない。高校3年生という、本当にもう青春ギリギリみたいな瞬間を切り取ったこの映画を、誰が愛さずにいられようか。というわけで自信を持ってオススメします。「自分は誰に近いかな?」なんて、観終った後に考えてみるのも楽しいかもしれません。(肥田)

※ほんの少しだけラストシーンについて言及しています。映画を前情報なしでご覧になりたい方は、この部分はご鑑賞後に読まれることをお勧めします※
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
最後に、ラストシーンについて少しだけ。前述したようにこの映画は主人公たちが撮っている手持ちカメラの映像と客観的なカメラで撮った映像の2つで構成されている。ラストシーンは手持ちカメラの映像である。しかし、4人は全力で走り、誰も撮影をしていない。あくまで私個人の見解だが、これは90分あまり彼女たちと福岡から東京まで全力でハァハァしてきた観客一人ひとりが、いつのまにか彼女たちの5人目の仲間になり、彼女たちを撮影している、ということではないだろうか。前作「ワンダフルワールドエンド」でも現実と虚構の垣根を軽やかに飛び越えてみせた松居大悟監督らしい演出だ、と思った。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


☆お知らせ☆
10:31(土)『私たちのハァハァ』16:40の回上映後、井上苑子さん(出演)、真山朔さん(出演)、直井卓俊(企画プロデューサー)さんの舞台挨拶&サイン会が決定(井上苑子さんはサイン会のみを予定)!
これを逃す手はありません。皆様ぜひご参加ください。
Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/778-80818568
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。