上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
belfast_1.jpg

1971年の北アイルランド首都ベルファスト。

当時、この町は英国に友好的なプロテスタント系と、
アイルランド独立(南北アイルランド統一)を目指すカトリック系、
そしてIRA内部も穏健派と過激派の対立があった。

そんな複雑な情勢もわからないまま、
英軍二等兵として現地に送られた新米のゲイリー・フック(ジャック・オコンネル)は、
アルスター警察の補佐としてカトリック系の居住する地域の捜査に入る
小隊のメンバーになった。

早速、カトリック系住民の少年たちから投石や糞尿の洗礼を浴びる。
そして暴動に。
小隊は、逃げ遅れたゲイリーともうひとりの兵士を残し、撤退する。
奪われた銃でもうひとりは殺され、ゲイリーひとりが見知らぬ町を逃げ惑う。

belfast_2.jpg

映画は、ほぼゲイリーの一人称的な視点で展開するので、
わけの判らない怖さを観客も共有することになる。
その臨場感たるや!

この作品は、一地域、一時代に限定されない、普遍的な状況を描いていると思う。
すなわち、私は、このような状況に放り込まれたくない、
恐ろしい目に遭いたくないと切に思うのだ。
それは、今、日本で強行採決されようとしている
《安保法案=戦争法案》などとんでもない、という拒否につながっていく。

反対する人は当然だが、賛成する人も、この映画を見て欲しいと思う。
紛争地を体感出来るから。

公式サイト→

(なまけネコ)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/762-83b9a81f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。