上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遺伝子組み換え食品の謎を追ったドキュメンタリー映画となる今作。
当館で企画したタイアップのご利用者増えています!

先日は学生さんがやさい食堂 堀江座 さんの番茶豆乳チャイを頼んだそうです!
これからもどんどんご利用者が増えると嬉しい!

映画チア部による作品レビュー

今回は【モーリー】さんです。

●パパ遺伝子組み換えってなあに?を観て。

私は今まで遺伝子組み換え食品について考えたことがありませんでした。
授業で聞いた時、ニュースで聞いた時に植物の遺伝子にまで手を加えるんだな、と思った程度です。
このように何の知識もない状態で観たのですが、遺伝子組み換え食品を食べないという選択をすることはこんなに難しいのか、と驚きました。
映画の中で家族で遺伝子組み換え食品を避けるために奮闘するのですが、避けられず絶望する場面が多々ありました。
アメリカと日本では状況が違うとは思いますが、私が普段通りお腹が空いたときにすぐ買い食いする生活をしていたら遺伝子組み換え食品を口にせずにはいられないな、と思いました。
遺伝子組み換え食品が体にどのような影響を与えるかはまだ明確には分かっていないようですが、大切なのはそれを食べるか選択できることだと思います。
その選択を容易にはできないのが今の現状だと思いました。
その選択を自分で出来、自分の健康家族の健康を守るためにも、まずは自分の立場で遺伝子組み換え食品について、食べ物について知っていきたいと思いました。


以上

お金さえあればすぐに食べ物が手に入る時代。安さにつられて、お手頃感覚で、便利になった現代社会。
ただ社会が、企業が悪いとせめたてるのではなく、これからは私たちが商品を吟味し選んでいく社会になるのではないかと思いました。
学生だからこそ、こういうドキュメンタリー映画にもっと触れて欲しい
(芋羊甘)
Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/728-6cda4651
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。