上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sandai_china2.jpg

『中国娘』(原題 She,a Chinese)は、
1973年中国生まれの女性映画監督兼作家の
グォ・シャオルー(郭小櫓 Xiaolu Guo )の映画で
2009年ロカルノ国際映画祭で最高賞に相当する
金豹賞(the Golden Leopard)を受賞した作品です。

sandai_china1.jpg
グォ・シャオルー監督と主演のルー・ホアン

この作品はひとりの若い中国人女性
リー・メイが主人公ですが、
これは半分くらい監督自身の人生が反映されてそうです。

半分くらいというのは、
田舎に生まれて都会へ、そしてロンドンへ行くというところは共通ですが
リー・メイが歩むのは茨の道、
対するグォ監督は
北京電影学院 (チャン・イーモウ、チェン・カイコー、
ジャ・ジャンクーらを輩出)で映画製作を学んでロンドンへ留学
という映画エリートの道です。

グォ監督がその道行きを自らの意志で選択したのに対し、
リー・メイは半ば行き当たりばったりの人生です。

メイは自分の心情をセリフで表出したりすることがあまりない。
彼女の無表情なのに(無表情だから)魅力ある顔をずっと見てしまい
彼女は何を思っているのだろうと考えてしまいます。
不遜のうちに怯えを隠しているような顔です。

ときおり彼女が男からもらった(奪った)
iPodから流れるパンクロックが彼女の心象風景になっていて、
同じ中国の田舎を撮っても『初恋からきた道』(チャン・イーモウ)の
ノスタルジックな牧歌的風景とはえらい違いです。

同世代のジャ・ジャンクーと作風が似てるんじゃないでしょうか。
ドキュメンタリーとフィクションの境界が曖昧なまま現在の中国を撮る、
先行世代(チャン・イーモウ、チェン・カイコー)には
敬意を持ちつつも新たな手法を模索するということです。

ところでリー・メイは田舎にいても都会に出ても
ロンドンに行っても変わらず同じ彼女です。

それは孤独というより(孤独なんて当たり前という感じ)
彼女自身です。

揺れ動きまくってる心はそのままに
彼女は大胆で繊細な(無)表情を崩さない。

最後まで映画を見たとき、
最初に映った彼女の(無)表情とは違って見えました。

それは作品を見終わったこちらの見方が変わったのかもしれません。

故郷からロンドンまでいろんな男たちと出会っていくのも面白い。
チンピラ、粗暴な男、お見合い相手の大きなメガネの中年、
純真なヤクザ、ロンドンの元数学教師の老人、
ロンドンのインド出身のムスリム。

上の男たちの中で一人だけを彼女は愛してたんでしょうか。
どの一人かは皆さん元町映画館のスクリーンで確かめてください。

この『中国娘』に限らず
『三大映画祭週間2011』の全9作品は
日本国内ではあまり知られていない傑作選となっています。

といってもこの『中国娘』
残る上映はたったの2回で、
明日11/8(火・レディースデイ)17:20と
11/14(月)12:45です。

She,a Chinese You,an audience

最後に補足というか付録というか
グォ・シャオルー監督のこの映画に関するコメント
(一部抜粋)を見つけたので紹介します。
英語サイトでしたので拙訳の下段に原文を載せてます。
誤訳あったらすみません。

---
中国の田舎の小さな村に生まれ、
映画制作者としてのちにはるばる北京
そして西洋を放浪してきて私はこう感じる。
どんな旅も心の旅であり、
個人の運命と偶発的な人生の選択が衝突し、
まったく予想もつかない現在
そして不可解な未来を創出すると。
そういう風にして私たちは生きていると感じるのだと思う、
そして私たちは未来へ運ばれる、
未知なるものへと。

グォ・シャオルー
---

As a filmmaker born in a little village in rural China,
who later came all the way to Beijing and then wandered in the West,
I feel that any journey is a journey of the mind,
colliding with a person's destiny and the accidental choices of life,
creating a completely unexpected present and an enigmatic future.
I guess that’s how we feel that we are alive,
and this carries us to the future, to the unknown.

郭小櫓 Xiaolu Guo

sandai_china3.jpg
グォ・シャオルー監督

(T)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/69-1e6f8017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。