上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
francesHA.jpg

舞台はニューヨーク、27歳・ダンスカンパニーの実習生であるフランシスという女の子の成長物語。モノクロの映像ですが、現代のお話です。
親友のソフィーとは大学時代からの同級生。ルームシェアし、なおかつ遊びも一緒、お互い何でも話すほどの仲良しです。彼氏から一緒に暮らそうと言われても、ソフィーとの生活を選び即効断るフランシス。なのに、ソフィーから「もっといい場所に移りたい」とルームシェアを解消させられます。そこからは、男友達のアパートでルームシェアしたり、故郷へ帰ったり、食事会で知り合った人のアパートを借りてパリへ弾丸旅行したり、ダンスカンパニーからは事務に転向しない?と実質クビ宣言されたり、母校でバイトしたりと人生迷子になり始め…。

いつも夢見がちで、思いつきのまま生きているフランシス。
例えば、貧乏なくせに、臨時に税金の還付が入るとすぐ人におごろうとするところや、他人の職業を自分から聞いておいて逆に君の職業は?と聞かれると口をもごもごさせてしまうところや、突然訪れたパリでは、直前に大学時代の友達に電話したため、結局何もせず帰ってくるところなど、フランシスの行動は「わかるわ~」の連続です。
しかも、整理整頓をきちんとし、着々と人生設計する親友のソフィーとは全く対照的。
かつては何でも知っていたソフィーのことも、仕事を辞めて恋人のバッチと日本へ行くことを別の友人から知らされたり、やっと本人からお別れパーティに来てほしいと言われた時には思いつきでパリに来てしまっていて、それも言えずに用事があって行けないとしか言えなかったり…。

友情も含め、何でもいつまででも、ずーっと続くとは限らないのです。
また、出版業界のカリスマと有名なモダンダンサーという夢も、叶えられない。
でも、それを受け入れることが大人になるということかなあ、と観ていて思いました。

エンディングでは、タイトルの謎が解け、クスっと笑えます。
ちょっと大人になったけど、やっぱりフランシスらしいなあ、と。



(空飛ぶ猫)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/645-f1766dd0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。