上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mrnobody1.jpg

『MR.NOBODY』という題名少し気取った言い方ですね。

かといって『名無しさん』では正確な訳でないです。
「NOBODY」って気障な名前が付いてますし。

たしかジョニー・デップのあのモノクロ映画なんでしたっけ、
ちょっと題名忘れたあの映画に出てくる
インディアンの名前がNOBODYでした。
主人公の名前がブレイクで。
—そうそう、ジャームッシュのね。ほら、あれあれ!Tさん!(by中の人)
これを書き終えるまでには題名思い出します。

話が逸れましたが、『MR.NOBODY』の紹介がしたいのです。
しかしここからはすべて私見を紹介に替えてます。

予告や宣伝で予想していた内容をそんなに裏切るものではなかった。
観る前に抱いていた漠然とした印象は、
いろいろな選択的可能世界であるパラレルワールドを並列してみせて
その世界の起こりえた可能性に、人生の最後の地点から
多岐的に遡及して思いを巡らすファンタジーというものです。
(↑すみません、なんのこっちゃですね)

一言で言って、RPG(ロール・プレイング・ゲーム)です。

実際見た後に付け足された感想は、
やはり面白かった、
15歳のアンナ(主人公ニモの恋人) の女優さんがやはりよかった、
それから時間のリバース(逆戻し)というイメージが不思議だった。
(回帰する時間の方が一般的イメージなので)

前の文に「やはり」を2回も使って、
なんだか私見の確認作業みたいで、
その映画の可能性じゃなく自分の偏見の再確認してて
映画自体をわたし観れてない気が…いや反省しててもしょうがない。
あまり具体的なことを言ってネタばれもよくないし、
しかしこの映画にはそもそもネタばれが、
真実のストーリーがあるのかという問題があってむつかしいです。
何とか遠巻きにこの映画の魅力を伝えたいのですが。

自文を読み返していて、
言おうと思っていて言い落としていた重要なことに気付きました。

以下遠巻きならぬ<核心ダイレクト>ですので、
ネタバレ(具体性を欠きますが)です。

※内容は見えにくい色にしてます。ご覧になる方は反転してね。(by中の人)

<あなたはこの先の自分の人生が幸福であると知っている、
しかしそれはこの先のあなたの人生、
幸福ではあるけれど何が起こるかすべてあなたは知っていて
それを辿り直す退屈さに耐えなければならない、
そんな退屈さよりは、未知な未来の人生を選びたいか?という問題です。
これは、未来を知っているというのがまず矛盾なので、
あくまで仮定としての想像的な選択です。
そんな選択を強いられる事はないので
実際的には無駄なことかもしれませんが、
想像してみるのは無駄じゃないと思いますし、
きっとこの映画のど真ん中の核心かもしれない。>


!!!
『デッドマン』でした!

唐突にすみません。
今思い出しました、ジョニー・デップ主演のモノクロ映画です。
ジム・ジャームッシュです。
mrnobody_deadman.jpg
—Tさんよく思い出したね!右がNOBODYです(by中の人)


話の逸れついでに、
15歳のアンナ役の女優さんを知りたくてパンフで調べました。

ジュノー・テンプル
〈1989年1月21日生まれ。
イギリスの映画監督ジュリアン・テンプルと
プロデューサー、アマンダ・テンプルの娘。
父の映画『Pandaemonium』(00)でスクリーンデビュー後、
『あるスキャンダルの覚え書き』(06)、『つぐない』(07)、
『ブーリン家の姉妹』(08)等に出演。〉

らしいです。
わたし『あるスキャンダル~』も『つぐない』も
『ブーリン家~』も観ましたが覚えてないです。
見直したら思い出すでしょうが。

このアンナ=ジュノー・テンプルとの恋愛時期は、
主人公 ニモの、あるようでないような人生でいちばん甘美な時なんです。
ここだけはノーバディの汚名返上で
「ニモとアンナ」です。

成長したアンナ役のダイアン・クルーガーは
言うまでもなく完璧に美しい映像に収まっておりました。
『トロイ』(ブラッド・ピット主演)でヘレンを演じただけはあります。
ヘレンはその美しさ故トロイア戦争が起きた傾城の美女です。

最後に余談(全部余談みたいで訳分からんですが)。

この映画には幻獣ユニコーンがある重要なシーンで映ります。
ネットやパンフのプロダクションノートには明記されていませんが、
以前予告を観てなぜユニコーンか気になって調べたところ、
元ネタはピーター・S・ビーグル著
『最後のユニコーン』だと見当を付けました。
(未読なので詳しくは分かりません。あくまで私見です)

死を約束された最後の人間(ニモ・ノーバディ)と
最後の一匹のユニコーンとの対比以上に深いところで繋がっていそうです。

つまらんことを長々と書きましたが
映画『MR.NOBODY』は面白いという事だけは約束できます。

『ミスター・ ノーバディ』@元町映画館
10/22(土)~11/4(金)連日14:45~17:10
2週間1日1回上映ですがお見逃しなく!

(T)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/63-b0c7dc55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。