上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
machiya_talk.jpg

7/5(土)に『まちや紳士録』上映の初日を迎えました。
福岡県八女市福島、商家が立ち並ぶ伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区選定)を舞台に、
町の人々が町家を保存・改修し、次世代へ伝統技術を伝えながら、
町並みを再生・再活用していくドキュメンタリーです。

では神戸の場合はと、専門家お二人をお招きし、お話を伺いました。
神戸版『まちや紳士録』です!

お一人目のゲストは中尾嘉孝さん。旧生田区ご出身の神戸っ子。
兵庫県庁にお勤めですが、「港まち神戸を愛する会」のお世話役として、
神戸の旧居留地・栄町及びその周辺の近代洋風建築の保存と、
その魅力的な町並みを市民の大切な財産として守り育てる活動を続けてこられました。
全国町並み保存連盟の理事もされてらっしゃいます。

◇港まち神戸を愛する会の活動→
◇全国町並み保存連盟→

はじめに日本の建物保存の流れと伝建地区についてご説明いただき、
戦前の「大神戸」時代から戦災復興、高度成長期を経て、
80年代以降にはじまる神戸の町並み保存運動についてお話が進みました。
1960年代は地区外に移築保存されていた異人館は、現地保存へ方向転換、
北野・山本地区は市の都市景観形成地区指定を経て、
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されます。
保存運動の中心は建築家などの専門家でしたが、
「神戸地方裁判所」から続く「旧神戸商工会議所」以降、
徐々に市民も保存運動に関わるようになり、
「港まち神戸を愛する会」の活動も、1989年にはじまります。
旧居留地界隈の近代建築も保存され、商業的にも活用されてきたなかで、95年の大震災。
第一勧業銀行などが失われ、その一方、近年、
ブラジル移民の歴史を残す「海外移住と文化の交流センター」(旧神戸移住センター)や
「デザイン・クリエイティブセンター神戸」(旧神戸生糸検査所)、
長田区の「地域人材支援センター」(旧二葉小学校)などが開館していきます。

25年に亘る「港まち神戸を愛する会」の活動の一端ですが、
神戸のまち、たてものの移り変わりを、新旧の建物の写真とともに、
わかりやすくご紹介くださいました。


もうお一人が、有限会社スタヂオ・カタリスト代表取締役の松原永季さん。
カタリストとは、化学用語で「触媒」、促進する働きのこと。
まちづくりには、そういったコーディネーターが必要との思いからの命名だそうです。
松原さんは京都生まれですが、京大、東大大学院修了後、
恩師の勧めで、神戸の「いるか設計集団」に入社。
その後、独立されて、長田区駒ヶ林に現在の建築設計事務所を設立し、
神戸まちづくり研究所所員、兵庫県のヘリテージマネージャー、景観形成等推進委員、
景観アドバイザーのほか、神戸市内の各地域はもとより県内外で広くご活躍されておられます。
事業内容は、ぜひホームページ→をご覧ください!

松原さんからは、事務所のある長田区南部での活動事例を中心に、
まずは旧漁師町であったまちの歴史から。
見せていただいた戦前の駒ヶ林の写真には、山間のイメージが強い
茅葺の家が海沿いに並んでおり、とても珍しいものでした。
「まちのたたずまい」を残しながら、危ない路地のまちを、防災面で安全なまちへと、
理念と機能の両立を目指された、実際のまちづくりの過程をご紹介いただきました。

続いて、町家の改修について。
ご自身の事務所も、120年の古民家を改修されてらっしゃいます。
その古民家内に喫茶部として「初駒」をつくられ、まちのみなさんが運営して、
まちのみなさんの憩いともなっています。みなさんの笑顔が素敵でした。
料亭?のようなネーミングですが、まちにとても馴染んでいます!
とても安価な喫茶店です。もう一つの事例は、15年以上、空家だったという「角野邸」です。
元網元、画家で小磯良平のパトロンだった方が建てられた、
2階の連続窓など凝った趣向の町家。
松原さんたちはぜひ保存したいと動きはじめて実現されます。
改修後、「芸法」というアーティスト団体と縁結び。
松原さんの「町家を開き、アートをまちに開いていく」という言葉が印象的でしたが、
まちの再生につながる空家の保存・活用の貴重お話をお聞きすることができました。

その後、参加者のみなさんから活発なご質問をいただき、
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

有名な建築物を保存していくことですら難しいなか、
まちのなかに埋もれた空家は忘れられた存在でもあります。
ですが、すべての建物はまちの歴史をその存在だけで語りついでいるものなのだと、
子どもの頃に住んでいたまちの情景が蘇ったひとときでもありました。

(おトシ)
Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/578-6b08640d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。