上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/24、この日に初日を迎えた映画『ダブリンの時計職人』

PIC_4891.jpg

映画の主人公フレッドは職を失い、さらには失業手当もありません。
ドンつまりのホームレス生活を始めます。
小さな島国の人口約600万人のうち、労働人口は約187万。
アイルランドでは失業率が2008年以降激増しています。
そもそもダブリンのあるアイルランドってどんな国?どんな歴史があるの?
そういった疑問を紐解くため、上映後アイルランド文学者である風呂本武敏先生にお越しいただき
アイルランドの近代の歴史から、現代にいたるまでの社会事情、文化についてお話頂きました。

1800年代、アイルランドの隣国、イングランド(イギリス)は中世からアイルランド各地方の豪族を支配下に置いて
徐々に植民地化していきましたが、19世紀頭にグレートブリテン王国とアイルランド王国の合併という形で、完全にイギリスの領土となりました。
内戦後の1921年の自由国の設立後、アイルランドは独立戦争をしましたが、北の地区にある6州はイギリスの統治下におかれたままでした。
当時のアイルランドは貧困と移民による人口減に苦しんでおり、これは近年に至るまで改善されなかった。
しかし1990年代に入るとアイルランド経済初とも言われるほどの経済的な活況を呈し、これはケルトの奇跡あるいはケルトの虎と呼称されました。

2008年に、その経済の開放的な特性も原因となって、アイルランドは世界経済の減速の影響を受け始めました。
不動産バブルの崩壊、銀行危機によって一段と高まり、これによって景気の後退と財政危機の時期が到来。
2010年3月のギリシャ債務問題に端を発してユーロ圏の財政懸念が高まる中、アイルランドの国債金利も高騰。
11月にはユーロに支援を受けざるえなくなり、2014年の今も経済回復の見通しは極めて不透明なのです。

一年中緑が広がっていて「エメラルドの島」という愛称で知られるアイルランド、
心温まる友情物語、というだけでなく『ダブリンの時計職人』は
こういった背景から失業者が増え続けているアイルランドの今を写しているのです。

映画『ダブリンの時計職人』は6/6まで当館にて上映中です。
スケジュールはこちらから⇒

トークショーの最後、風呂本先生とお客さんとの映画の感想会があり
皆さまとても心に残る映画であったと大いに語り合っておられました。

風呂本先生、トークショーにお越しくださった皆様
ありがとうございました。

(栞)
Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/557-7dbfc07e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。