上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『サヴァイヴィングライフ』公開記念と銘打って、
ほんとは自分(わたし)がやりたいだけだろ!的な
ヤン・シュヴァンクマイエル特集上映。

でもみんな好きでしょ?観たいでしょ?そうでしょ?

と、いうことで。

ばばーん(おもしろさん風に)!
今回の「傑作選」の上映作品をご紹介しまーす!


◎『オテサーネク』
 2000年/チェコ・英/132分
  svank_otesanek.jpg


◎『アリス』
 1988年/スイス・西独・英/84分
  svank_alice.jpg


◎『悦楽共犯者』
 1996年/チェコ・英・スイス/87分
  svank_etsuraku.jpg


◎『シュヴァンクマイエルのキメラ的世界
     幻想と悪夢のアッサンブラージュ』
 2001年/フランス/58分/監督:ベルトラン・シュミット、ミシェル・ルクレール
  svank_chimera.jpg


◎短編セレクション(短編7本で1プログラム)

 『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』
 1964年/12分
  svank_trick.jpg

 『庭園』
 1968年/17分
  svank_teien.jpg

 『ジャバウォッキー』
 1971年/14分
  svank_jabawokky.jpg

 『部屋』
 1968年/13分
  svank_heya.jpg

 『対話の可能性』
 1982年/11分
  svank_taiwa.jpg

 『男のゲーム』
 1988年/14分
  svank_game.jpg

 『闇・光・闇』
 1989年/7分
  svank_yami.jpg


以上、5プログラムでの上映となります!
『〜キメラ的世界』以外はすべて35mmフィルムでの上映です!
上映スケジュールはこちら→(別窓でPDFが開きます)

シュヴァンクマイエルの作品を知るためには
“最低限”ハズせないでしょ!と思う作品を集めてみました。

シュヴァンクマイエルをよく知らない、
観たことがないという人たちに、
もっともっと知ってほしい。観てほしい。
そして好きになってほしい。
「興味ある?じゃあまずこれ観てください」
と言えるラインナップを目指しました。
どれも代表作と言えます。
なので、未見の人はできるだけたくさん観てください!!

「怖そうだから…」
とよく言われるのですが、
シュヴァンクマイエル怖くないです。
筋金入り怖いもん嫌いの私が言うのだから、そーなんです!

シュルレアリストなんでね、
ちょっと造形がキモかったりグロかったりすることはあります。
肉片がうごうご床を這ったりします。
でも、その動きやそこにつけられた音が
なーんかまぬけでユーモラス。ちょっとかわいい。あ、キモかわいい?
だから怖くないんです。

観たらぜったいに五感がびりびり刺激を受けるはず。
いやもう、第六感が覚醒しちゃうかも。
第三の眼とか開いちゃうかも。
若い人にはほんと、観てほしいです。

大阪では旧作の特集上映をしないので、
大阪の方もお待ちしてます!
第七藝術劇場で『サヴァイヴィングライフ』を観た方なら、
半券提示でこの特集を安く観ることもできます。
(当日一般1500円→1200円)

あ〜ほんとに待ち遠しい。
やっぱりわたしがいちばん楽しみにしてるかも。

(mirai)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/55-a2f09162
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。