上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それぞれに視点の異なる三本の作品を集めた
モトマチ・セレクションvol.6「パレスチナの現在(いま)…」、
この土曜日からは
『ぼくたちは見た ガザ・サムニ家の子どもたち』
の上映が始まります。

この映画で重要な役割をはたしているのが
ガザの子どもたちが描くさまざまな絵画。
ことばにならないこと、
ことばにしきれない思いが伝わってくるようです。

先週から、元町映画館のロビーも
ちいさな画廊のようになっていることにお気づきでしょうか?

ガザの状況を伝える絵本を共同で制作中の、
ガザの大学生シャハドさんと日本の画家増山麗奈さん
(2009年のドキュメンタリー映画『桃色のジャンヌ・ダルク』のヒロイン)
の作品が飾られています。

ロビーに展示中のおふたりの作品をFacebookにもアップしました。

元町映画館Facebook→

映画と一緒に絵も見てね。

(堀)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/54-a3557a25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。