上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』

て、
タイトル長くて誰も覚えてくれませんやん。
劇場スタッフでさえ覚えません。
全員『マサカー』で済ましております。

邦題つける人も考えて欲しいよね。
どうせならあの名作「テキサス・チェーンソー・マサカー」
(原題はちゃんとパロってるよね?)=『悪魔のいけにえ』の
人間の顔の皮を剝いで作った仮面(レザーフェイス)を被って出演、
一躍時の人になったガンナー・ハンセンさん
ご本人が出演してるということですので、
オマージュも込めての邦題
『鯨のいけにえ』で、どう?ダメ?

劇場受付では
『鯨のいけにえ』大人一枚!」とお声掛け下さい。

で、本題の映画。
北欧グラインドハウス映画が今、マニアの間では話題らしいですが、
アイスランド初のスラッシャームービーらしいです。
まーその三流映画っぷりにはアッパレマークを付けたいところです。

しかし当のマサカー(大虐殺)をする家族の弱っちぃ事。
それはそれで面白いですが、
やられる方のキャラが強くて、キャラ負けしております。

しかし、なんと言っても
この映画の主役はどう見ても我らが裕木奈江!

RWWM1.jpg

え?こっち?

マサカの裕木奈江が!
お前が一番マサカーさんかよっ!
と突っ込みを入れてしまうことうけあい。

裕木奈江の悪っぷりはめちゃ面白いです。あの顔で。
ワリバシて(←これは観てのお楽しみ)と突っ込み入れて下さい。

あ、も一つの元町映画館的話題は
7月に上映した『4月の涙』の超美人主演女優だった
ピーラ・ヴィターラさんも出演しております。
現代劇をしてもやっぱ可愛いですね。
マサカー家族のバカ息子にも好かれております。
やっぱこちらでも脱がされてますけどね(ぎゃふん!)。

昨日の初日には安田謙一氏も観に来て下さいました。
初日に来るとは、安田君も楽しみにしてたのね。

(おもしろ)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/52-38cceeb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。