上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるあいイラレ


【あらすじ】
古紙回収業者の隆太郎(柳楽優弥)と、新しい街に引っ越してきた高校生のはつ実(吉倉あおい)。出逢ってまもなく2人は恋に落ちるが、ある誤解から、すれ違いが続いてしまう。孤独や悔しさにさいなまれる隆太郎は、ある夜、その苛立ちをぶつけるかのように、はつ実を襲ってしまう。心身ともに傷ついたはつ実は、弁護士である母親にされるがまま、訴訟をおこす。恋人同士から事件の加害者と被害者になった2人は、周囲を巻き込みながらどこへ向かっていくのか。
(映画『ゆるせない、逢いたい』公式HPより)サブ㉂ のコピー
【おすすめ】
"デートレイプ"という事件が起きてしまったが為に、育まれるはずであった二人の恋は、親や社会が介入し、加害者、被害者という立場で争われる事となります。
またはつ実自身も、事件を受け入れられるはずもなく、胸に刺さった恋の矢がそのまま命までも奪うかの様に苦しませ続けます。
そんなどう考えても「ゆるせない、ゆるせない」な作品にも関わらず、金井監督の描いた「ゆるせない、逢いたい」。
2つの相反する気持ちを、ご覧になられたお客様はどんな風に解釈されるのでしょうか?
ちなみに私は「ゆるせない、ゆるせない、ゆるせない、逢いたい(でもゆるせない..)」でした。
不確かで空気のような世界観をカメラにすくい撮った監督独自の映像美もさることながら、主演の吉倉さん、柳楽さんのキラキラした表情、繊細な演技がとても魅力的で、いつまでも見つめていたくなる二人でした。
サブ㈰ のコピー
本作品は、1月18日(土)〜1月31日(金)まで上映しております。
また!初日の18日(土)は『ゆるせない、逢いたい』上映後に金井純一監督をお招きして舞台挨拶も予定しております。
さらに!!本作品公開を記念して金井監督を含む気鋭の監督3名による特集上映『少女たちの時間』も1月18日(土)〜1月24日(金)も公開が決定しておりますので、いづれもお見逃しのないよう、是非足をお運び下さいませ。
(yamada)
上映スケジュールはこちら→
Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/474-ab4acc6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。