上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
meshitootome02.jpg

「死と乙女」のかもし出す
喪失と平安の予感もさることながら、
「般若心経」を読むことが「ネタバレ」になる
(だから付録の短編のほうに移されている)
という大変な映画です。

それを取り囲む生活の諸風景からみれば
極めて非現実的に旨そうな食材の数々。
あれほどみずみずしいアスパラガス、
油の乗った豚ロース、
厚い果肉のパジリカを、
あれほどまでに(ひとりのこらず)
マズそうに食らう人々を見ていれば、
あるいはかくも思想穏健なあなたの心のうちにも、
終末と破局への待望が生まれることでありましょう。

で、レバニラ。

ホラーもスプラッタなイメージの数々も、
すべてはあなたの心の闇のなかにこそ
ギッシリ詰まっているのです。

男はあのミルクを、
スジャータの施粥を、
どのような表情で受け入れたのか知らん?

(堀)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/43-183a9ad0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。