上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は11月9日〜11月15日上映の『元気屋の戯言』についてお知らせいたします。



あらすじ
夢想家であり自称「元気屋」を名乗るエイジは、日々渋谷をエリアにビラ配りで糧をしのぎ、ポエトリーリーディングと彼の性格からくるお節介で世直しを願う古風で ダサイ男である。ある日エイジは可愛い韓国人女性リ・シオンと出会う。しかし彼女は、男性を甘い言葉で騙す詐欺師として警察に目を付けられていたのだ。このリ・ シオンとの出会いをきっかけに、エイジは思わぬハプニングに遭遇していく。「彼女を更生させたい」と願う彼の前には、執拗に彼女を追う組織が立ちふさがる。
不器用なエイジは、彼女に何ができるのか。そしてその結末は。エイジは今日もまた走り、語り、いつものようにお節介し、声を掛けてゆく。元気になるために、 元気屋であり続けるために。
(映画『元気屋の戯言』公式HPより)

おすすめ
俺は太陽ですよ!

太陽になってみんなを明るく照らしたい男のお話
今のご時世、酔いつぶれている人に声をかけたり喧嘩の仲裁をしたりすることはすごく難しいことだと思うのですが、太陽になりたい主人公はあらゆる場面でくびを突っ込み、お節介をやいていきます。本作はそんなお節介やきな主人公と、彼が出会ったひとりの天使の物語です。

みどころはなんといっても主演の元気屋エイジさん!
東京渋谷の街中を走り回ってお節介をやいて、恋をして失恋して…とにかくなにごとにも全力投球・直球勝負の元気な男を演じておられます。
そしてなぜ彼が元気屋になったのか、そのエピソードも劇中では明かされます。

ヒロインの菊池真琴さんは新人の方だそうですが、自然体でカメラにおさまっておられ、たいへん好感がもてました。これからのご活躍が楽しみな俳優さんです。

また本作は映像が大変素晴らしいです。
音楽系の映像を撮ってこられた監督だけあって、ひじょうにキレのある映像に仕上がっています。様々なアングルから渋谷の街の「今」を映し出していらっしゃいます。

いまでは耳にすることさえなくなりつつある「人情」ということばがありますが、本作はまさに良質の「人情ドラマ」。観終わったころにはこころがあたたかくなっている作品です。それぞれがそれぞれに悩みを抱えた大都会・渋谷の街に、元気屋の戯言はどう響くのか。

『元気屋の戯言』は、主演の元気屋エイジさんが京都・大阪・神戸の各都市部で割引チラシをご自身で配り歩いておられます。元気屋エイジさんから受け取った割引チラシをご持参のお客様は、一般料金1,700円のところを1,400円に!街中でオレンジの衣装を着た元気屋エイジさんを見かけたら、ぜひぜひお声がけくださいませ!元気をくれること請け合いです。

**********

『元気屋の戯言』上原源太監督&元気屋エイジさん舞台挨拶!
不器用な男と天使が渋谷で出遭った。渋谷でビラ配りをしながらお節介で世直しを願う“元気屋エイジ”と女性詐欺師の出会いを描く人間ドラマ。“元気屋”に惚れた監督、俳優陣らの熱い心に賛同した多くのスタッフとボランティアが、渋谷を舞台に新しいマグマを生み出す!関西公開を記念して、上原源太監督と主演の元気屋エイジさんによる舞台挨拶が決定しました!
日時:11/10(日) 16:30の回上映後

**********

みなさま、ぜひ元気屋さんに元気をもらいにお越し下さい!!

(たけむら)
Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/426-b4304494
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。