上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月14日~9月20日、1週間限定上映の『オゾンビ』
今回はこちらの作品を紹介させていただきます。



あらすじ
国際テロ組織アルカイダの最高指導者オサマ・ビンラディンがゾンビとなって復活し、新たな戦いが巻き起こる様子を描いたゾンビアクション。2011年5月2日、米国軍はオサマ・ビンラディンのアジトを急襲し、ビンラディンを射殺。しかし、ビンラディンは殺害される直前に、自らの体にある薬品を投与していた。遺体輸送中、ビンラディンは突然ゾンビとなってよみがえり、周囲の兵士を殺害して逃亡。一方、9・11で同僚を失った元消防士のデレクは、ビンラディンを殺害したという米政府の発表を信じず、復讐のため単身アフガニスタン入りしていたが……。(『オゾンビ』公式HPはこちら→

おすすめ
ビンラディンは二度死ぬ!!

元町映画館『B級映画枠』がお届けする、この秋いちばんのネタ系ゾンビ映画『オゾンビ』!!
『ワー○ド・ウォー・Z』や『ウォーム・○ディーズ』といったゾンビブームに、本作『オゾンビ』もちゃっかり乗っちゃってます!?

冒頭のオサマ・ビン・ラディンへの襲撃シーンは『ゼロ・○ーク・サーティ』を彷彿とさせる画作りで、ふむふむ低予算ながら健闘しておりますなぁ、などと感心するのも束の間、その直後にビン・ラディンがゾンビになるなんて、さすが「B級」!!!

そこからは怒濤の「B級」映像が続きます。どのような「B級」映像なのか、ネタバレぎりぎりのところで紹介させていただくとすれば、「ゾンビ+シューティングゲーム+くノ一」といった具合です。

ゾンビに追いつめられてアクションを披露することもあれば、遠くからゾンビを狙撃することもあり、また肉弾戦があるかと思えば、サクサク日本刀(?)アクションもあって、緩急のついた作品に仕上がっています

みなさま、ぜひ『オゾンビ』ご鑑賞くださいませ。
こういう映画もあるのか、という驚きを味わっていただけること請け合いです!!

(たけむら)
Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/385-da4031b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。