スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリーム・ホーム(堀)

経済成長だの発展だの、
それはもちろん結構なことでもあるし、
結構でないこともある。

その傍らでなにが起こっていたか、
コヤシにされた人々の思いや運命がどうであったか、
によるわけです。

で、1991年から2008年、
中国への返還、再開発と土地投機の時代を経て
2008年リーマン・ショックに到る時代の香港。

この映画が凡百のスプラッタ・ムービーのなかで
よくできたもののひとつである、というにとどまらないのは、
飛び散る血潮、散乱する内臓が表現の目的にとどまらず、
そんな時代を生きて消されていった
無辜無数の人々の怨念無念を、
あの殺人者たるヒロインの
一身に代表させているからなのでしょう。

dreamhome1.jpg

父の思いのため、母への孝養のためであった
「海の見えるマンション」への欲望。
それが一旦執着となると、
当初の目的が失われたあとでも欲望だけが生き続けていく。

「貨幣」に限定されず、
際限なく拡散していく現代の「物神化」論を
見事に映像化した作品でもあると思います。

(堀)

コメント

非公開コメント

motoei_staff

元町映画館スタッフブログです。
おしらせや上映作品のみどころ、
日々のなにげないつぶやきなどなど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。