上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
momoirosora_aisatsu_1.jpg

東京国際映画祭「ある視点」部門作品賞に輝き、
スペインのヒホン国際映画祭ではグランプリを獲得。

国内外で高い評価を得た
『ももいろそらを』公開初日、
これがデビュー作となる小林啓一監督と
プロデューサーの原田博志さんに
舞台挨拶をしていただきました。

登壇に慣れていないのか
壇上に上がって軽くご挨拶…
の後すぐに(ほんとにすぐ!)
「それでは…質問とかあればどうぞ」
の流れに客席は笑いに包まれます。

momoirosora_aisatsu_2.jpg
照れるポーズがなんかかわいい小林監督

momoirosora_aisatsu_3.jpg
原田プロデューサー

「とにかく映画をつくりたかった」という小林監督、
完成した後のことはなにも考えていなかったそうで
「さあできた!…で、どうするんだっけ?」と
原田さんとふたりで悩んだという話には場内が爆笑。
元町映画館のような、
地方都市のちいさな映画館でまで
上映できることになって本当に良かったです(笑)!

評価の高いモノクロームの映像は
「今はすぐに過去になる」ということを
表現したかったのだと話す小林監督。
ドキュメンタリータッチにしたかったので
全編手持ちカメラで撮影したそうです。
(撮影も小林監督!)

スタッフも5人と非常に少なかったそうですが、
代わりに時間をかけて撮ったことで
完成度の高い青春映画が誕生したのでしょう。

目の肥えた映画ファンから
絶賛されまくりの本作。
かくいう私も
関西宣伝を務める田辺ユウキさんや
第七藝術劇場の松村支配人、
その他いろんな方から
モーレツにおススメ、めっちゃ良いと
以前からずっと聞かされてました。
それだけハードルを上げられて
観たにも関わらず、
期待以上に本気で面白かったです!
今年いちばんの〈発見〉でした。

絶賛されまくりなのに
あまり作品の存在自体が
一般に浸透していない本作。
元町映画館でも一週間限定という
短い上映期間ですが、
すでに2013年邦画のベストとの呼び声も高く、
映画好きなら絶対にハズせない作品。
観逃し厳禁です!!

(mirai)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/307-f71fa5cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。