上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予告篇がものほしげな昼メロみたいですが、
意外と面白いんですよ。

この作品、“オブジェクト”である
〈コピー機〉と〈デジカメ〉の目線で
ナレーションするというのがユニークなのに、
全然宣伝に使ってないのです。
オブジェクトって何かわからんでしょ。
ほんとにこの映画の宣伝へたすぎでハラがたちます。
それに前半はちょっと?なのですが、
後半俄然引き込まれます!

大学教授で性行動を研究し
〈婚外情事〉についての論文を準備中のへジョンは40歳。
夫とは〈仮面夫婦〉です。
パソコンのパスワードが〈ヴァギナの解放〉なんて
過激なわりに、おとなしそうな表情が、
私には、〈かまとと〉で好きになれません。

へジョンは、リサーチで、夫婦で魚屋を営む妻の方が
雇い人の若者とセックスしている話を聞き、
また、そのセックスシーンはかなり激しく描かれます
(う〜む、ヒロインはあんまり脱がないので、
かわりにこのカップルに演じさせているのか、
と、ちょっとしらけましたが)。

あるとき、助手にやってきた学生ウサンに、
胸ときめかせるへジョン。
19歳も年下なのに、と思いつつも、
だんだん自分が抑えられないようです。
それでも、そんなことはいけないと思うへジョン。
一方のウサンも彼女は高嶺の花と思います。

ある日、おなじアラフォーで、やり手の経営者に
連れられてホストクラブに行ったへジョンは、
そこでホストをしているウサンにばったり。
学生のときの彼と別人のようなカッコ良さでしたが、
へジョンは、こんなところで働いているなんて…と
軽蔑してしまいます。

これだけだったらホント昼メロですが、
ウサンの秘密がけっこう切ないのです。

ウサンには人恋しい思いがあるのに、
素直に言えないところがあります。
それはへジョン同じです。
それをもどかしく思うのが
へジョンの〈コピー機〉であり、ウサンの〈デジカメ〉。
この擬人化されたオブジェクトが、重要な役目を果たします。

この映画は、女性の監督が韓国の現状を踏まえつつ、
少し、女性の欲望を積極的に描いたことにも
意味があると思いますし、
けっしてエロい作品になっていなくて、
品の良さがあります。

(なまけネコ)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/277-0f99fa43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。