上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わーもう11月入ってる!!
いつも更新が遅れ遅れですみません…。
3ヶ月半にわたった(元映初の長期企画!)
アンゲロプロス追悼特集が終わり、
11月はタルコフスキー映画祭が幕を開けます。
今月もおすすめ満載で元気に参ります!



11/3(土)~11/16(金)
真!韓国映画祭2012

スター俳優を配したラブロマンス、
手加減なしの描写が人気のアクション。
昨今は韓国映画もずいぶん人気ですが、
「真に韓国らしい映画をもっと紹介したい」
そんな思いで始まった『真!韓国映画祭』も
今年で3回目を迎えます。
今年は「愛と絆」をテーマに
日本未公開作品13作品がそろいぶみ。
この機会に色々観て、
お気に入りの1本を探してみてください。
詳細→
公式サイト→




11/3(土)~11/16(金)
ドキュメント灰野敬二

70年代から現代に至るまでの40年間、
頑に自らの道を突き進んできた灰野敬二。
世界中の表現者たちに影響を与え続ける
その存在は、依然として謎に包まれている。
一瞬一瞬の消えゆく音を無限へと希求する彼の
祈りにも似た音楽は如何にして生まれ得たか。
音楽に一生を捧げた男の孤高の肖像の記録。
公式サイト→




11/10(土)~11/23(金)
タルコフスキー 生誕80周年記念映画祭

今なお世界中で愛され続けるロシアの映像詩人
アンドレイ・タルコフスキーの作品を特集上映。
長編全7作品と短編1作品を加えた
全8作品を2週間で一挙上映します。
詳細→
公式サイト→




11/17(土)~11/23(金) ※一週間限定
孤独なツバメたち~デカセギの子どもに生まれて~

「日本で将来の夢はない、
ブラジルに帰っても外国人扱いされる…」
そんな日系ブラジル人の子どもたちが
たくさんいる静岡県浜松市。
2つの故郷で揺れ動く日系ブラジル人の
青年たちの青春を追った
クロスカルチャードキュメンタリー。
公式サイト→


★11/17(土)津村公博・中村真夕監督舞台挨拶!



11/17(土)~11/30(金)
WIN WIN ウィン・ウィン
ダメ男とダメ少年の最高の日々

何をやっても冴えない弁護士マイクの元に
ひょんなことから転がり込んできた青年カイル。
マイクがコーチする高校の弱小レスリング部に
カイルを入れてみたところ意外な才能を発揮!
充実した日々を送るふたりだったが…。
『扉をたたく人』のトーマス・マッカーシー監督、
『サイドウェイ』のポール・ジアマッティ主演で送る
笑って泣ける感動のストーリー!
公式サイト→




11/24(土)~12/7(金)
スケッチ・オブ・ミャーク

沖縄県宮古島で歌い継がれてきた
沖縄民謡とは異なる知られざる歌—
“アーグ”と“神歌”に迫るドキュメンタリー。
深く結びつく生活と信仰と唄、秘められた神事。
老婆たちが語る物語と唄う声には
神への畏敬と苦しい日々の記憶があった。
公式サイト→


★11/24(土)19:50の回終了後、
民族音楽に造詣の深いお2人のトークあり!
〈ゲスト〉
輪島裕介(大阪大学文学部文学研究科准教授)
×
吉本秀純(音楽ライター)




11/24(土)~12/14(金)
高地戦

1950年代、朝鮮戦争の中でも
熾烈を極めた激戦地、南北境界線にある高地で
繰り広げられた攻防戦を描く。
『JSA』の原作者パク・サンヨンの脚本を
『義兄弟』のチャン・フン監督が映像化。
『JSA』のシン・ハギュン、
『超能力者』のコ・スが極限状態の戦士を演じる。
公式サイト→




11月もお気に入りの映画に
出会ってもらえたら嬉しいです。
お待ちしています。
そして次回こそは早い更新を…!

(mirai)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/230-590c18f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。