上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族の秘密とかそういうお話も色々混ざっているんですが、
一つの大きなテーマが外国人労働者なんですね。

下町のふつうの庶民が暮らす地域の小さな工場に
突如いろんな国の外国人がやってくるというのは、
20年前や30年前なら
ドリフのコントにでもなりそうなくらい
荒唐無稽なお話なんでしょうが、
現在の日本では実際に起こっても不思議ではなくなっています。

もう日本人ですら就職できない人が多いってのに
外国人を雇う余裕なんてこの国にあるんですか、
なんて声もきこえてきそうですが、
事実として入ってきてしまっていますし、
そうである以上はそこに昔から住んでいる人たちと
「来訪者」たちとがどう付き合うか
という問題に対処しなければなりません。

国際化って、
べつに世界をまたにかけるエリートたちだけの話ではなくて
こういったふつうの人たちのふつうの生活にも
大きく関わってくることなんですよね。

で、この映画はこの点については徹底的に楽観的なんです。

「ん~、もうそんなに眉間にしわをよせて小難しく考えないで、
みんなで仲良くすればいいじゃない。
世の中そんなに悪い人ばかりじゃないよ。」
って。

悪く言えば、
あまりに無邪気で理想主義的、
非現実的な解決策っていうことになるのでしょうが、
でも現在の日本の世の中に不足しているのは
こういった明るさなのではないでしょうか。
悲観的になったからといって事態がよくなるわけではありません。

政府が……とか
大企業が……
現代の社会では……とか
そんな不満で世の中はいっぱいだけど、
誰かの力を借りたりしなくても
「そんな小難しく考えないで」の精神で
案外世の中良くなっちゃうのではないですか、
とそんな気分になりました。

ちなみに

「歓待」はwelcomeとも英訳することができます。
Welcomeといえば今年の2月に元町映画館で上映した
『君を想って海をゆく』の原題もWelcomeなのでした。

どちらも外国人問題を扱っています。

『君を想って~』はフランスにやってくるクルド人難民のお話で、
人間ドラマとしても素晴らしいのですが、
外国人に対するフランス政府の態度もよくわかる秀作です。

『歓待』と『君を想って~』で
日本とフランスの違いをくらべてみるとおもしろいですよ。

(aka_kappa)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/18-c28f332d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。