上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から一週間限定で上映する『ヴァージン』。

10代・20代・30代
それぞれの世代の女性の“ロストヴァージン”を
描いたオムニバス作品です。

ロストヴァージンは女性にとって
(それがロマンチックハッピーであれ
忘れ去りたいような汚いもんであれ)
忘れがたい出来事であり、
人生における一大事であります。
さらに、そのXデーを
どの年代のどの時期に迎えるのかで
いろいろと差異も生じるというわけで。

そんなさまざまなロストヴァージンを
気鋭の「男性」監督が描くというのが
興味深いこの作品。

だいたいロストヴァージンなんて体験においては
女性側からするとそりゃもう必死のパッチで
相手がどう考えてるか、どう見てるかなんて
想いを巡らせる余裕もありません。
(自分が「どう見られているか」については
ぐだぐだ無駄に思い悩んだり悔恨したりしますが。
まあオトメゴコロってやつです)

男性監督が描くということは
男性ならではの視点になるわけで、
それは自身の体験において
「本当のところはなに考えてるかわかんなかった」
相手の腹ん中を覗き見るようで非常に楽しいです。

オンナ同士でわいわい観て、
それぞれの体験に照らし合わせた感想など言い合って
さらに監督の女性観までも批評してしまう。
そんな楽しみ方を提案したいところです。

では件の「男性監督」たちを紹介しましょう。

第一話『くちばっか』を監督したのは
『たまの映画』の今泉力哉(31歳)。
virgin_imaizumi.jpg
芸人経験があるというだけあって、
なんとゆーか個性的な風貌をしています。
ちなみに彼の映画に登場する女性は
みな美しいと評判らしいです。


第二話『ゴージャス・プリンセス!』を監督したのは
『アワ・ブリーフ・エタニティ』の福島拓哉(40歳)。
virgin_fukushima.jpg
こ、これは…なかなか…
というか相当のオトコマエですね。
そしてオトコマエな自分を知っている感じ。
(すいません勝手に言うてます)


第三話『ふかくこの性を愛すべし』を監督したのは
『家族X』の吉田光希(32歳)。
virgin_yoshida.jpg
おおっ爽やかなオトコマエ!
両親に会わせたら一番ウケが良さそうです。
シャイな一面もあったりして。
(知らんけど)

こんな男性があの映画を作った、
という部分でぜひナナメから観てみてください。

どんな風に女性を描くのか?
どんな風にロストヴァージンを描くのか?
どんな風に女ゴコロを描くのか?

彼らの(ある意味映画監督としての、とは異なる)
腕前をとくと鑑賞しようじゃあーりませんか!
ついでに監督自身の品評なんかも。

そんな楽しみ方ができるのは女性同士ならでは!
わたしもやりたい!
飲みながらあーだこーだ言いたい!
『ヴァージン』では女性3人でご来場いただくと
おひとり1000円で鑑賞していただける
「女性3人割」を実施しています。
ぜひぜひ気の合うお友だち同士でいらしてください。

(mirai)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/177-d08c3215
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。