上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
angelo_flyer.jpg

モトマチセレクションvol.12
追悼テオ・アンゲロプロス


今年1月24日、新作撮影中に事故で不慮の死を遂げた
ギリシャの巨匠、テオ・アンゲロプロス監督。
元町映画館では、追悼の意を込めて
アンゲロプロス監督の全10作品を順次上映する
特集を7/14から開催いたします。
関西で初となる全作の追悼上映です。
長尺の作品が多いことでも知られるアンゲロプロス作品、
ゆっくりと無理なくご覧になっていただくため
3週間に1度のペースで間をおいて一週間ずつ、
第一弾~第六弾まで分けて上映します。


上映スケジュール

*終了しました* 第一弾| 7/14(土)~ 7/20(金) 旅芸人の記録

*終了しました* 第二弾| 8/ 4(土)~ 8/10(金) 狩人
               シテール島への船出

*終了しました* 第三弾| 8/25(土)~ 8/31(金) アレクサンダー大王


*終了しました* 第四弾| 9/15(土)~ 9/21(金) 蜂の旅人
               霧の中の風景

第五弾|10/ 6(土)~10/12(金) こうのとり、たちずさんで
               ユリシーズの瞳
▼上映時間▼※毎日上映順と時間が変わります。ご注意ください。
10/6(土)・8(月)・10(水)・12(金)→ユリシーズ13:30/こうのとり16:40
10/7(日)・9(火)・11(木)→こうのとり13:30/ユリシーズ16:10


第六弾|10/27(土)~11/ 2(金) 永遠と一日
               エレニの旅
▼上映時間▼※毎日上映順と時間が変わります。ご注意ください。
10/27(土)・29(月)・31(水)・11/2(金)→永遠と12:40/エレニ15:10
10/28(日)・30(火)・11/1(木)→エレニ12:40/永遠と15:45


※各上映時間はスケジュールチラシ、ホームページをご覧ください

|料金|一般1200円、5プロ券5000円(ポストカード付※限定数)


作品紹介(上映順)

旅芸人の記録
1975年/232分/出演:エヴァ・コタマニドゥ、ペトロス・ザルカディス
angelo_tabigeinin.jpg
古典劇を上演して各地を回る旅芸人一座の姿を通し、
古代神話から第二次世界大戦、その後の独裁政権に至る
ギリシャの歴史を圧倒的な映像で描く。
時代を縦横に往来し上映時間4時間近くにも及ぶ壮大な物語。


狩人
1977年/172分/出演:ヴァンゲリス・カザン、ベティ・ヴァラッシ
angelo_kariudo.jpg
徹底したワンシーン・ワンカットを貫き、
30年前の内戦時代に死んだはずの青年兵士の
まだ温かく血の滴る死体を発見した6人の狩人が
繰り広げるイメージを幻想的に描く。


シテール島への船出
1984年/140分/出演:ジュリオ・ブロージ、マノス・カトラキス
angelo_siteeru.jpg
映画監督アレクサンドロスの前に現れたラベンダー売りの老人。
次に老人はソ連から32年ぶりに帰国した監督の父として現れ、
2つのドラマが二重に進行してゆく。


アレクサンダー大王
1980年/208分/出演:オメロ・アントヌッティ、エヴァ・コタマニドゥ
angelo_arekisanda.jpg
古代ギリシアの英雄伝説を下敷きに、
その名を騙る20世紀初頭に暗躍した盗賊の頭の、
義賊としての行動と追いつめられての蛮行を
歴史絵巻的に描く。


蜂の旅人
1986年/122分/出演:マルチェロ・マストロヤンニ、ナディア・ムルージ
angelo_hachino.jpg
娘の結婚と同時に教職を辞し、
代々の生業である養蜂家としても最後と決意して
ミツバチを連れて旅に出たスピロ。
旅の途中で出会った少女を通じ、愛と老いを描く。


霧の中の風景
1988年/125分/出演:ミカリス・ゼーケ、タニア・パライオログー
angelo_kirino.jpg
12歳の少女と5歳の弟が、アテネからドイツへ
まだ見ぬ父を探し求めて旅に出る。旅の中で2人は
様々な出会いや別れを経験し、人生と世界を学んでゆく。


こうのとり、たちずさんで
1991年/125分/出演:マルチェロ・マストロヤンニ、ジャンヌ・モロー
angelo_kounotori.jpg
テレビ番組の撮影で訪れた難民キャンプで
10年前に疾走した大物政治家らしい男を発見した
アレクサンドロス。
“人間と国境”を静謐な視線で見つめる意欲作。


ユリシーズの瞳
1995年/142分/出演:ハーヴェイ・カイテル、マヤ・モルゲンステイン
angelo_yurisizu.jpg
ギリシャに帰郷した映画監督Aは、
ギリシャ初の映画作家マナキス兄弟の
未現像と言われる幻のフィルムを求め旅をする。
95年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。


永遠と一日
1998年/134分/出演:ブルーノ・ガンツ、イザベル・ルノー
angelo_eiento.jpg
死を強く意識した老作家と難民の子どもとの
1日間の交流を詩情豊かに描いた人間ドラマ。
少年時代の追憶、亡き妻との日々、現在が
イメージのまま自由に展開する圧倒的世界観で
98年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞。


エレニの旅
2004年/170分/出演:アレクサンドラ・アイディニ、ニコス・ブルサニディス
angelo_eleni.jpg
ロシア革命で両親を失った
ギリシャ難民のエレニがたどる過酷な運命を、
ギリシャ現代史に重ね、雄大な映像美で綴る一大叙事詩。

すべて35mmフィルムでの上映です。
製作から長い年月が経っているため、一部の作品には
お見苦しい箇所・お聞き苦しい箇所がございますが
ご了承の上、ご鑑賞お願いします。

このような名作をフィルムで鑑賞できる機会は、
残念なことにこの先もう多くはないかもしれません。
ぜひこの機会にたくさんの方に観てほしいと
強く、強く願っています。
フィルムで観る映画の良さを知っているひとにも、
フィルムとデジタル素材の違いにピンとこない
若い世代のひとにも。

(mirai)
Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/171-74e52bfd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。