上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mitsuko1.jpg

日本にある日常の一コマ一コマを
スナップショットで切り取った愛すべき作品。

どこの家庭にも何かしらの訳ありな事情はある。
その事情を時にコミカルに時にシリアスに描く。

主人公ミツコ(初音映莉子)は
姉のエミ(石橋けい)と二人暮らし。
ミツコは写真学校の学生、エミはOLで二人とも独身。
父親は健在だが不倫の末離婚している。
母親は不倫のせいで死んだことに
姉妹の中ではなっているようだ。
姉のエミは母親の衣鉢を継ぐかのような不倫を
会社の上司の松原(古舘寛治)としているのが
何とも意地悪な設定。

ある日、姉妹が怪しい男、三浦と出会うことで
その日常の奇妙なリアルさが加速していく。

会話がおもしろい。

特にメイン三人の会話の中身は
とても工夫が凝らされている。
退屈な日常にはめ込まれた爆弾が破裂するような感じ。
見る人によってどこが爆弾かは変わると思う。
彼ら彼女らの妄想の中の会話も
ところどころ挿まれていて、
さもありなんという感じで私は共感できました。

この御三人の演技、表情、話し方、所作は
ほんと見ていて飽きない。
演出した監督の山内ケンジさんは
これが初監督作品というから
今後の作品は要チェックですね。

初音映莉子さんは、最近ハリウッドデビューが決まって
ニュージーランドで『エンペラー』を撮影中。
古舘寛治さんは元町映画館で昨年上映した
『歓待』での存在感が忘れられません。
石橋けいさんは私知らないのですが、
少なくとも『ミツコ感覚』では一番の存在でした。

『ミツコ感覚』を見た私の収穫は、石橋けいさんと、
どんなに変形を加えようが元に戻る日常を見たこと。

『ミツコ感覚』を見終わって
映画館の暗闇から出ることが
そのまま『ミツコ感覚』が持っているテーマでしょうか。

印象に残るコミカルかつ
シリアスなシーンを一つ紹介します。

エミと松原の不倫シーンの会話は紋切り型なのに
何とも言えない特異な感覚を喚起されました。
予告編でも1カット挿入されていた会話の一部です。

エミ「話さないんだったらもう二度とセックスしないから」
松原「何言ってんの、エミとセックスできなかったら
   生きてらんないだろ」

当人たちには死ぬほど切実なのに
関係ない他人から見たら
これほどどうでもいいことはないでしょう。

最後に告知です。
この映画『ミツコ感覚』限定の割引があります。
HPなどでも告知していますが、
ミツコさんという名前の方(漢字は問わない)は
同伴の方二名様まで各人千円でご覧頂ける「ミツコさん割」と、
姉妹の方はお二人で二千円の「姉妹割」をご用意してますので
ぜひ使える方はご利用下さい。

(T)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/130-d7fe6d9d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。