上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
asunaku1.jpg

才能に引きずられ、人生を漂流する
自由で不安定な主人公たち。

明日泣くことを恐れずに、今日笑うことを選ぶのは、
ある意味で人間らしく生きているのかもしれない。

主人公の女が言う。
「生きたいように生きて、泣いたりなんかしない。
好きな事をしたから泣きをみる。それじゃつまらない。
私は絶対後悔しない!」(うろ覚えですが)

本物のアウトローとして生きるには
並大抵ではつとまらない。
宇宙と交信できるくらいでないと!
(宇宙のくだりは作品最後のオチ?だったのか…)


危ういのになんだかゆったりしていて安心して観れる、
昭和の匂いを感じる映画。
なによりも全編にわたって流れるジャズが心地いい!

(エビ)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/111-3eed5a24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。