上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
asahina.jpg

『夢をあきらめた青年が人妻に恋をし、
再出発するまでの日々を穏やかに描いた恋愛映画』

と、紹介されているけれど
そのどれにも当てはまらないような、
不思議な映画。

夢をあきらめた…?

人妻に恋をした…?

穏やか…?


全編、吉祥寺で撮影されたとだけあって、
吉祥寺が好きなひとにとってはちょっとうれしい、
あんな場所やこんな場所がたくさんでてきます。

二人が井の頭公園を歩くところなんて
春になる前の少し肌寒い、
けれども春を待ち望む”あの”暖かさと匂いがするような、
吉祥寺の街の空気感が全編にわたって伝わってきます。

星野真里の言葉にいちいちカユくなり
朝日奈くんのもどかしい表情に少しイラッとしながらも
穏やかに観れる、そんなホッとできる映画。


…だと思っていたんですけれどね。
途中までは。

まさかそんなオチが待っていたなんて!

予想外の展開に目が覚めました…


朝日奈くんが、バウスシアターであった
「爆音映画祭」について熱く語るところが
個人的にはツボでした。

あそこだけでしたよね?
朝日奈くんが唯一熱くなるシーン。

そういえば、本作の監督はあのテレビドラマ
『サラリーマン金太郎』の監督だそうで……。

同じく空気感だけは伝わる、
あの人気俳優をたくさん使った人気シリーズ
『マザーウォー○ー』や『東京オ○シス』なんかよりは
会話が”ちゃんと”噛み合っていてよっぽどおもしろい。

(エビ)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/109-34c8ce2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。