上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yakuza1.jpg

ドーチ・ヤクゥーズィ→ちゃんと発音しています。
ヤクザの娘と言う意味。

ロシアに興味のある人には
今のロシアの文化状況が見えて面白いと思います。
日本のものは料理店(すし、てんぷら、ラーメンなど)、
プーチンが黒帯の柔道、東京カワイイTVなどのファッション、
マンガ、ファミコンゲームなど人気です。
けったいな意味での日本ブームがずっとあるようです。

1990年代、オウム真理教が
大金をロシアに放り込んで戦闘武器を買ったり、
TV番組を作ったりしていた頃から、
変な日本イメージも広がっています。
もちろんまともな研究者も多く、
大学の日本語教育のレベルは高いです。
1年で読み書き喋りが出来ます。

ロシア語、ちかちゃんがしゃべっているなら
なかなかすごいと思いました。
外国人が喋るロシア語はかわいく響きます。

話はハチャメチャですが、
「ふたりで森に入ったら、ふたりで出てくるのだ」
という台詞に胸がきゅんとなりました。

セルゲイ・ボドロフ監督の息子
セルゲイ・ボロドフ・ジュニアは、
新作の映画撮影で深い森に入ったまま
帰らぬ人となったからです。
想像ですが思い入れを感じました。

そして、この映画の祖父(六平直政)の孫娘に寄せる愛情は、
もしセルゲイ・ジュニアの忘れ形見がいるなら
ボドロフ監督=祖父としての孫への愛情が投影されていると。

セルゲイ・ジュニアは
将来を嘱望された俳優・監督でした。
遺作『ベアーズ・キス』で
熊になって森へ入ったまま消えるという役を演じていました。
そのときは彼を愛した少女も森にはいってしまい、
ふたりとも戻っては来ないのですが、
きっと森の中でしあわせに暮らしているでしょうという
ラストでした。

(なまけネコ)

Secret

TrackBackURL
→http://motoei.blog.fc2.com/tb.php/105-cbbc0fb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。