• 続きを読む
  •  この映画の主人公であるマーク・ランディスは30年もの間美術館に自分が制作した贋作の美術品を寄贈し続けた男である。美術館は作品寄贈の問い合わせに喜んで応じ、まんまと彼の手玉に取られてしまったという話である。最終的に彼は彼自身の大規模な個展を開催するに至るのだが、それによって彼の行為の本質が損なわれてしまったのではないかと私は思う。 一般的に美術(=アート)は「自由なもの」と捉えられることが多い。60年... 続きを読む
  • みなさま、こんにちわ!元町映画館の斉藤です。今回はアンコール上映のご案内です。昨年も同じ時期にアンコール上映を開催しましたが、今年もやります!!「見逃していた!」という方も…「また観たかった!」という方も…「ノーマークだった!」という方も…ぜひこの機会にご鑑賞くださいませ!!作品選定は昨年同様、お客さまの投票結果を反映させました。2015年当館では計179本の映画を上映しましたが、一体どの作品が選ばれたのか... 続きを読む
  • 何なんだろう、このおもしろさは。本国韓国でも興行成績が良かったとは聞いていたけれど。ワクワクドキドキし、ハハっと笑わせ、時にはしんみりさせる。もうハリウッドを超えたんじゃないかと思わせる、韓国映画の進化ぶりを見た。物語の主人公は、高級外車盗難事件を捜査する熱血刑事ドチョル。その捜査中に、一人のトラック運転手に出会う。しかしその後、運転手の息子からドチョルに電話が入る。父親が意識不明の重体だ、と。そ... 続きを読む

motoei_staff

元町映画館スタッフブログです。
おしらせや上映作品のみどころ、
日々のなにげないつぶやきなどなど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。