上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 映像や写真は過去のものしか映しだすことができない。しかし過去を映しだすことができるからこそ、今はもう失われた人やものと画面上で出会うことができる。この映画は、いまはもう存在していないものを、ある仕方によって現代あるいは未来の人々に伝えることが、ドキュメンタリー映画の果たしうる役割であるということをもう一度考えさせられる。そういった試みは、かの有名なアウシュビッツの証言を記録したランズマンの『ショアー』における困難な挑戦を思い起こさずにはいられない。
 『真珠のボタン』という映画は、近代化の過程で排除された2つの共同体に関する「証言」を基盤にし、さらにそこからの発展を試みている。過去に起きた出来事の表象不可能性にぶつかりながらも、偶然の産物である「ボタン」の発見によって不思議なかたちで2つの歴史のパラレルな関係を新たに発見することとなった。
 この映画が扱う1つ目の共同体は、チリの先住民族であり、チリ国土の西側に連なる海岸線付近に居住していた5つの海洋民族である。彼らは、1880年代以降西洋人のフロンティアとなったこの土地で、野蛮であるとして排除され、彼らのすべての叡智の源である海すら軍事的な管理下に置かれ、引き離されることによって、彼らの伝統的な営みが断ち切られていった。
彼らは写真家マルティン・グシンデによる彼らのきわめて独創的な伝統のボディペインティングを撮影した写真によって記録されている。さらに、彼らの子孫としていまも生きる人々自身の過去の記憶をたどるインタビューによって証言される。しかし、先住民の子孫である人々が、近代的な文化と伝統的な文化が混在する生活の総体のなかの一部として民族の記憶を引き継いでいるということを忘れてはいけない。鑑賞者である私たちが想定し、また期待する先住民の姿を彼らがしていないという結果に対して、私たちは不満を抱くことは、結局フロンティアからの視点に同一化しているということを十分意識しなければならないだろう。この映画を見るにあたって、自分はどの立場から彼らに眼差しを向けるのかによって、この部分の解釈が分かれてくるのではないかと思う。

 2つめの共同体は1974年以降独裁政権下にあったチリのなかで政治犯として強制収容所に収監され、拷問を受けた末に海に遺棄された共産主義者の人々である。彼らは同時期に収容所から生き延びた人々や、研究者たちによって証言される。国家権力がある人々を排除しようとしたときに、こんなにも残虐な手段が用いられるのかと驚かざるを得ないし、このような行為に加担しなければ標的にされると怯えた人々の葛藤がそこには存在していただろう。しかし、監督であるグスマンはエモーショナルな表現をあえてすることなく、証言者である強制収容所の経験者から証言を引きだしている。その手法にもまた注目すべきである。映画の鑑賞者の感情を煽ることによって啓蒙するようなタイプのドキュメンタリーではないことがよくわかってくるだろう。むしろグスマンはエモーショナルな感情が消費されていくことを危惧し、十分な配慮をしている様子が伺える。
 
 そして最後にこの映画にはある謎が提示される。それは人種も時代も違うこの2つの共同体が偶然にも「ボタン」によって接続されることである。グスマンはこの2つの共同体を接続する際に、スピリチュアルな感性や前近代的な文化に対する極度なロマンに陥ることなく、研究者たちと協働することできわめて科学的なプロセスを用いている。むしろ因果関係が全くない2つの共同体がボタンという偶然の産物によって関係してしまっているという事実を淡々と描いているようである。鑑賞者である私たちは、最後にその偶然かつ必然であるようにみえる関係性に感動してしまいそうになるのだが、ここで感動することが、これまで提示されてきた彼らの負の歴史を美化することになってしまうのではないかと思い、少し立ち止まってしまう。

 ドキュメンタリーによって与えられるスペクタクルほど胡散臭く、また罪深いものはないように思う。グスマンによって編まれたこの映画は、きわめてクオリティの高い映像美を持ち合わせながらも、ギリギリのところでスペクタクルへの到達を回避しているように思われる。これほどまでに見る視点によって与えられる感覚が異なる映画も珍しいのではないだろうか。これから鑑賞される皆様には、ぜひとも映画をみている自分を省みながら、鑑賞してみてほしい作品です。

(舘)

スポンサーサイト
「神戸スポーツ映画祭!」がいよいよ開幕です。
全部で6種目(=6作品)の上映がありますが、
今回は「ボクシング映画」として選ばれた作品をレビューします。



『キッズ・リターン』。

北野武監督が描く青春映画です。
フェイバリットに挙げる人も多く、
熱狂的な支持を受けている作品として知られています。
(たしか宮藤官九郎さんや松江哲明さんも公言していたはず…
ちなみに宮藤さんは本作に出演しています。面白い役所なので探してみて下さい。)

私も『キッズ・リターン』が大好きで、すでに数回観ていますが、
何度観ても楽しめて、且つセンチメンタルな気分にも浸れる、
思い入れの強い作品のひとつです。

青春映画と聞くと、爽やかなイメージを第一に浮かべますが、
本作はそういったポジよりもネガ。青春の暗い部分がやや優っている作品だと思います。
それは将来への不安や、なすべきことが分からない焦燥、厳しい現実ですが、
それもまた青春映画と言えます。

本作の魅力はそういったところにあるのかもしれません。

主人公は不良の高校生マサルとシンジ。
(マサルを金子賢さん、シンジを安藤政信さんが演じています。)
ふたりはカツアゲをしたり、悪戯をしたりして、うだつの上がらない日々を過ごしています。

彼らの遊戯にどこか寂しさを感じる理由は、
映画の冒頭にふたりの末路が予告されることに他ありませんが、それだけではありません。

例えば、校庭で自転車を二人乗りして遊ぶシーンがはじまってすぐにあります。
二人乗りよりも、それは曲乗りと言った方がふさわしいシロモノで、
マサルがハンドルを握りながら、シンジが進行方向とは逆向きでペダルを漕ぐという
誤った共同作業により、自転車はよろめきながら進みます。

ここがオートバイではなく若さを表した自転車であることが素晴らしいと故・淀川長治さんも
仰っていましたが、車輪はグラグラと、いつ倒れてもおかしくなく、
ふたりの行く末を暗示しているようで、
マサルとシンジの笑顔とは反対に、観客である我々は暗雲を見てしまいます。

そして次に劇中では、彼らを教室の窓から眺める生徒が映されます。
ここで不良校ではなく進学校が舞台であったことが分かります。
さりげない設定ですが、マサルとシンジが落ちこぼれであることを引き立てることに一役買っています。

そんなふたりにも打ち込めるものが見つかります。それはボクシングとヤクザの世界です。
いつも一緒だったふたりは別々の道を歩んでいきます。
この辺りからどんどん光を見出していき、青春のポジティブな感情が翻って溢れて出していく展開は痛快です。

かくして北野武監督はポジとネガの両面を描きます。

両面で画とストーリーを構成させてきた映画は、それに呼応させるかのように
ふたたびラストでも相反するものを同時に描きます。

ラストに対して日本と海外でまったく正反対の反応がみられたそうですが、
それは両面を描いているからに違いありません。

(斉藤)


『知らない、ふたり』レビュー

今泉力哉監督作品を観たい観たいと思いつつ、今回の『知らない、ふたり』が初見となりました。「恋愛」や「青春」といった要素を盛り込みながらも、これほど「好き」というテーマが強く感じられる映画はなかなかないのではないかと感じます。

レオン(レン)は、自分の信号無視につられて横断歩道を渡って事故をしてしまった男性に対して今でも負い目を感じています。仕事場でも周囲とあまり関わりを持たず、あまり喋ることもありません。
そんな彼を好きな女の子がいて、その女の子に一目惚れしてしまった男の子がいて、その男の子の友達はレオンに一目惚れしてしまって…と映画に登場する7人の恋愛模様は三角関係も超してしまう複雑さです。しかし、おもしろいのは「恋愛」に重点が置かれているのではなく「好き」という気持ちの問題にスポットが当てられていることです。その思いに自信を持って胸を張れる者もいれば、迷いのある者もいて、相手にぶつけられる者もいれば、伝えずに秘めている者もいて。それでも、思いが届かないと知ったとき素直に相手を怒ったり応援できたりするサンスやジウは本当にかっこいいなあと感じました。
相手について知っていることや見えない部分、思いのかけちがいなどリアルな「好き」を、時間的順序を前後させたシーンや複線でうまく描写しており、最後まで楽しめました。なにより映画作品にすることで私たちが第三者として物語内でおこる彼や彼女の「知らない」を知ることができるのはやっぱり映画のおもしろいところではないでしょうか。

青柳文子さんと韓英恵さんがもうとにかくかわいくて、小風がソナの韓国語を真似して叫びながら走るシーンや最後にソナがジウにあっかんべーと舌を出すシーン、あまりにキュートなので是非観ていただきたいです。今泉力哉監督の前作品『サッドティー』も観てみたいなあと感じました。

いよいよ
2/12(金)までの公開
(トト)
第七の封印サブ1

《STAFF REVIEW》
「ベルイマン黄金期」

『第七の封印』

 舞台は十字軍の遠征が終わって間もない頃のスウェーデン。主人公である騎士のアントニウスとその従者ヨンスは、10年にも及ぶ無益な遠征から帰国し、またそこで黒死病に脅かされる祖国と哀れな民衆の姿を目の当たりにします。アントニウスは海岸沿いである存在に気づきます。その存在は自らを「死神」と名乗り、アントニウスの死を宣告しにやってきたと言います。アントニウスは、自身も得意であり、また死神も好きであるチェスの勝負を申し入れます。チェスをしている間は命を奪わない、そしてもし自分が勝てば命を奪わないでくれ、もし負けたら潔く死を受け入れよう・・・これは、ただ単に死を恐れての時間稼ぎなだけでなく、神の存在を確認したいという思いからでした。チェスの戦いは長引き、アントニウスは妻の待つ家に向かいます。その道中で会った旅芸人一家や鍛冶屋夫妻とも一緒になって家へと向かうのですが・・・

 観る前は重々しい映画だと思っていたのですが、意外とそうでもなかったのが驚きでした。いや、もちろん死神にずっと追っかけられてるので明るい話にはならないんですが、まず、最初の「死神にチェスを申し入れる」という発想自体が、何だか突拍子もないユーモアというか、ひょうきんな感じがしませんか?とんちで切り抜けたみたいな。また、その申し出にあっさり乗っかる死神も、だんだん観ているうちに何だか怖いんだか優しいんだか・・・不思議な気持ちになりました。

 また、アントニウスの従者であるヨンスも、いわゆる世捨て人な感じなのですが、彼の口から繰り出される言葉がどうにもちょっと笑えてしまうというか。彼らが目にする世界はどれもこれもおぞましいそれこそ地獄なんですが、逆に地獄の底の底まで行ってしまっているからこそあの不思議な感じが出るのでしょうか。もちろん、登場人物たちの中で最も生命の輝きを感じる旅芸人一家の存在の影響も大いにあるのだと思います。『第七の封印』には、どうしようもないほどの絶望とそれとは正反対の希望が奇妙に同居しているように思いました。ユーモアでもよいかもしれません。
 
その絶望とユーモアが同居していると最も強く感じたのは、有名な最後の「死の舞踏」のシーンです。あのシーンの、何とも言えない感覚。死神が先頭に立って彼らを引き連れているので、「ああ、死ぬんだろうなあ」というのは想像がつくわけなんですが、それなのに何故か少しおかしな感じがしてしまう。何というか、彼らは彼らなりに死と向き合い(事実、死神とチェスを続けることでずっと死と向き合ってきた)、彼らなりの「神」の存在をやっと見つけられたのかなあ、なんて考えてしまいました。じゃあ、良かったんじゃないかって。死神、よく待ってくれたなと思いました。

 最後に、「死の舞踏」のシーンを観て、ある一本の映画を思い出しました。それは、去年当館でも上映した『ローリング』です。『ローリング』で権藤先生や貫一が山に向かって列をなして歩いているシーンがあるのですが、それが「死の舞踏」のシーンと同じく引きのショットで撮られているんです。あれ?もしかしてオマージュ?かと思いました。そんな風に観てみるのも面白いかもしれません。
(肥田)

『第七の封印』
2/2(火)
14:30~(火曜日レディースデー)
2/4(木)
14:30~

以上のこすところ2回のみです。
お見逃しなく。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。