上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ
元町映画館が日本の新人監督を応援するJAPAN NEW WAVE第3弾もいよいよ最終作品



『愛の小さな歴史』

この映画、なにかと驚かされる。どちらの側で揺れるか。

『愛の渦』で主演を務めた中村映里子さんが本当に好きになった。光石研さんとの親子という役柄がこの映画に見事にハマっていた。

夏希(中村映里子)は食品配達の仕事をしている。父(光石研)のことを知らされ、あいにいく。彼女に大きな変化は見られないが目つきが変わる。それもそのはず、父は母と娘を捨てた憎むべき相手。憎む父のことを知らされた彼女。しだいに、気にかかり、彼女はあいにいく。

今作はこの親子とは別にもう一つの家族がいる。
夏生(沖渡崇史)は借金の取り立てや。彼には妹(高橋愛実)がおり、家族を捨て、高校の時に責任をなすりつけられた彼女は兄を憎んでいた。


家族同士の一方的な愛情。
言葉でやりとりされる親子ケンカと兄弟ケンカ。画面上には言葉の応酬が繰り広げられるが、映像を見て思ったのはやり取りの中に目には見えない”血のつながり”が見えた。
どこまで演技でどこまでアドリブか疑いたくなる言葉の応酬。反発すればするほど愛する側は言葉を漏らす。ここで対照的なのは愛する側が暴言を吐くのではなく、一方では愛される側も相手を罵る。

ふと自分の家族を思い出した。自分がもし夏希の立場なら、父親を探しているだろうか。
友達だったら、こんなにも作中に出た言葉を出せるのか。家族だから、血のつながっているからこそ本音でぶつけあう。家族て一体なんなんだろう。

動物園に行ったり、妹を迎えに行ったり、働いてお金を家にいれる。ごくごく普通な行為が一生訪れないことだったら…日常はこんなにも素晴らしいことを映画は教えてくれる。

最後に、この作品、元町映画館が実施している「JAPAN NEW WAVE」という日本人の新人監督を応援する企画の最後の作品。そして今作に出演している池松壮亮さんはこの特集上映の常連さん(勝手ですが)夏希の父の知り合いを紹介する重要なポジションに。お金を平気で借り、踏み倒そうとする冴えない男を演じているが作品の終盤では家族をまとめる救世主となる。なんでこんなにかっこ良いのか。

この映画の出演者たちは誰もが問題を抱えて、幸せになりたくて生きている。ただ、術を知らないだけ。夏希の言葉が今でもしみる『私だって、大学行って恋愛して…』いつか自分も言われてしまうのか。映画好きだけでなく、娘、兄妹がいる人はぜひご覧になって欲しい。

こういう映画を世の中へ上映するのも元町映画館という劇場の仕事だと思わせてくれた作品。

(芋羊甘)
スポンサーサイト
いよいよ
残りの上映回数も減ってきました、プロのバレエダンサーを夢見る少年のお話『バレエボーイズ』
本作の上映に合わせまして元町映画館はKALDI神戸元町店さんのご厚意で強力タイアップ実施中!

『バレエボーイズ』をご覧のお客様には神戸元町店さんだけで利用できる10%割引券配布中(1000円以上の利用必須)←これ本当にお得です。全商品対象ですから!
今回はその神戸元町店で現在一押しの商品を2点ご紹介致します。

今回はこれからのクリスマスに欠かせない、そして何とも粋な商品をご紹介

クリスマス1人で過ごす予定のかたも、みんなでわいわい派
クリスマスなんていらないよ!てな人も

てな人もぜひ、映画を見て一度、神戸元町店さんへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

あ、クリスマス,,,,ということは2015年も残り一ヶ月か!?

③クリスマスボトル ¥1933(税込)/750ml
毎年、好評のクリスマスツリーを型どった限定ワイン。白とロゼをご用意しています。どちらもやや甘口のドイツワインで、どなたにもおいしく飲んで頂けます!




image-3.jpeg


11/24(火)はレディースデー(¥1100)
12/4(金)までの公開です。
いろいろとお早めに!
(芋羊甘)




『僕たちの家に帰ろう』はタイトルの通り、家までの帰路を撮った作品だ。
家に帰る。ただそれだけの行為を映画として成立させるのだから、
主人公は並々ならぬ特殊な立場にあるというわけだ。

家を目指すのはバーテルとアディカーの兄弟。
ふたりとも幼く、平均して10歳くらいだろうか。
兄バーテルは祖父の家で、弟アディカーは学校の寮で暮らしていたが、
やむを得ない事情により、親、つまり家を探す旅に出る。

子供が親を探すロードムービーと言えばいくつか頭に浮かぶ。
いずれも子供の成長物語としても体をなしており、
観客は親さながらの視線であたたかく見守る。

しかし、本作はすこし事情が違う。
バーテルとアディカーふたりの姿を見つめていると
応援する気持ちよりも、どうしても不安が勝ってしまうのだ。

理由はふたりにとっての家がすでに存在しないということに尽きる。
どういう事かというと、彼らはユグル族と呼ばれる少数民族で
〈一定の家を持たない〉遊牧を生活の糧とした民族なのだ。

ふたりは広大な砂漠を彷徨いつつも、かつて家が在った場所にたどり着く。
だがもう、そこに家はない。

この帰路に結末はあるのだろうか?
何せ水を探すのにも一苦労する不毛の土地だ。
これほど厳しいロードムービーはなかなかないだろう。

唯一の希望は旅を共にするラクダ。
ラクダは水を見つけるのが巧い。過酷な環境に順応するように身につけた能力か。
この特性だけを頼りに、映画は見えない家に向かってゆっくりと進む。

フィナーレ、家よりも中国という「国」が見えてくるという仕掛けには驚いた。

(斉藤)



日本の若手映画監督を応援するJAPAN NEW WAVE 3(以下、JNW)もいよいよ終盤戦。今回のJNWの中で唯一の女性であり、初の長編作品という草野なつか監督の「螺旋銀河」がついに元映で上映される時がやってきた。いよいよ皆様にこの作品をお届けできると思うと嬉しくて仕方がない。このただならぬ傑作を、決して見逃さないでいただきたい。

物語は、同じビルで働いている綾と幸子が偶然トイレで出会う所から始まる。綾はシナリオ学校に通っていて、今度ラジオの深夜枠で流す10分のラジオドラマの作品に綾のシナリオが採用される。しかしシナリオ学校の講師の先生は綾のシナリオをけちょんけちょんに批判する。一番ダメなシナリオだと思ったけど、一度痛い目に会った方がいいんじゃないかということで綾のシナリオを選んだと言うのだ。

「お前のシナリオには他者がいないんだよ。お前、友達いないだろ?友達を必要だと思ったこともない。」

先生の言うとおり、綾は美人だが気が強く自分本位で友達がいない。共同執筆者と組むことを放送の条件に突き付けられたものの、他人にシナリオを変えられるのが嫌な綾はつい最近トイレで出会った幸子を思い出す。幸子を「友達」に仕立て上げ何とかしようとする綾だが・・・。

今作は、私たちが普段生活している日常と何ら変わりのない世界を描いている。なのに、観ていて一体自分がどこにいるのか分からなくなるような、とても不思議な感覚を味わうことになる。パソコンの前で30分ぐらいあの不思議な感覚をどう伝えればいいかと思案してみたがどうにも言葉が浮かばない。言語化できないような、本当にふわふわした感じがあるのだ。「浮遊感」ということに関して言えば、同じくJNW作品の「息を殺して」もそうだが、あれとも少し違う。草野監督という人は一体どんな風にこの世界を見ているんだ?と頭の中を覗いてみたくなってしまう。それを特に感じたのは、幾度となく登場するコインランドリーと、最後のラジオドラマ収録のシーンだ。

コインランドリーに関しては、予告編にも登場するが、綾と幸子にとってとても重要な場所になる。個人的にコインランドリーは全く利用しないのだが、『螺旋銀河』を観れば間違いなくコインランドリーのイメージが180度変わるだろう。そして、何と言ってもラジオドラマ収録のシーンである。ラジオドラマというのは、当たり前だが音声だけで表現されるもので、映像で表現するにはいささか、というかかなり地味な物だと思う。それに草野監督は果敢に挑戦した。その結果、スクリーンで起こっている出来事とそれを観ている私たち観客の間の境界線がいつの間にか消えてしまい、宇宙のかなたにほっぽりだされたような経験をすることになった。これはぜひとも劇場で体験していただきたい。ごくありふれた日常の世界がいつの間にか自分の経験したことのない異世界へと変貌を遂げている。これぞ映画体験の醍醐味であろう。

ああ、長々と文章を連ねてみたが、とても本作の魅力を1割も伝えられていない気がする。草野監督ごめんなさい。これはやはり読んでいる皆様に観ていただく他にない。日本映画界に現れたきらめくような新しい才能に拍手喝采を送りたくなるに違いない。

(肥田)
元町映画館にて絶賛公開中のノルウェーの首都オスロを舞台に3人のバレエ少年が奮闘するドキュメンタリー映画
『バレエボーイズ』
その上映を記念して現在、元町映画館ではKALDI COFFEE FARM 神戸元町店さんのご協力を得て、タイアップ実施中!

Unknown.jpeg

『バレエボーイズ』をご覧のお客様には神戸元町店さんだけで利用できる10%割引券配布中(1000円以上の利用必須)←これ本当にお得です。全商品対象ですから!
今回はその神戸元町店で現在一押しの商品を2点ご紹介致します。


①ノエル ¥750(税込)/200g
季節限定コーヒーの中では人気No.1。
しっかり焙煎された濃厚な味はクリスマスケーキをおいしく引き立てます。




②プレ・ペール・エ・フィス ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー ¥2,354(税込)/750ml
公式コンクールで5年連続受賞の名門「プレ・ペール・エ・フィス」は、日本ではカルディでしか手に入りません!お食事とも合わせやすく、ボージョレワインはお鍋やおせちなど、冬の日本食にもぴったりです。ハーフボトルもございます。

image-1.jpeg

だんだんと寒くなってきたこの神戸・元町。元町商店街のBGMはハロウィンからいつのまにかクリスマスソングへ
相手がいるあなたは一緒に、いないかたはなんとかして。

この珈琲を誰かと飲むのもあなた次第です。
『バレエボーイズ』を見ると
(芋羊甘)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。