上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予告編



副題にある通り、単に音楽の一ジャンルを描いた映画ではないし、
また「麻薬戦争」の全体像を記録しようという映画でもない。
描かれるのは国境線「南北」のふたつの街の生活と文化である。

南の町、メキシコのシウダー・ファレスは人口百万、
麻薬利権を争うギャング達の抗争で年間3000人が死亡、
その多くは「巻き込まれ」被害であるという。
殺人事件の99%は未解決のまま、すなわち事実上お咎めなし、に終わる。

国境を北にわずかに超えたアメリカの町エルパソは、
ほほ同規模の人口に対して年間の殺人事件は5件で、
これはアメリカでは最も低い数字にあたる。
街を支配するのは、退屈と閉塞感。
ライブハウスは刺激を求める人々で今日もいっぱいだ。

minagorosi_2.jpg

麻薬王たちの讃歌、ナルコ・コリードは暴力的イメージが売り物の
新しい音楽ジャンルとして北の町で歓迎され支持されているが、
その本来の発祥の地、南の町では禁じられている。
麻薬王たちは自分達の名前が歌詞に残されることを願ってスターたちの創作に協力し、
スターたちは「手にはカラシニコフ、肩にはバズーカ」のファッションで
ライブハウスで熱狂的な支持を集め、さらにビルボードへのランクインを目指し、
ここに生産と流通と消費が完成される。

minagorosi_1.jpg

芸術や音楽が、現状への不満が暴力的なイメージに仮託して表現しようとする
傾向のあることは、過去にもふつうの現象であった。
しかしこの、ナルコ・コリードの場合のような、
暴力とその犠牲者を消費して肥大化する芸術表現は、その名に値するのか、
退廃の名の下に許容されうる範囲なのか。

暴力と破壊のイメージは、常に力強さと同時に危うさを背負っている。
表現というもののあらゆる領域にかかわりのある皆さんとご一緒に、
観て考えて見たい作品である。

『皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇』公式サイト→

(堀)
スポンサーサイト


学生の皆様へ朗報!
『時計じかけのオレンジ』『わたしはロランス』に引き続き、シネマツーリングvol.3『博士の異常な愛情』編開催決定致しました。

こんな人はぜひ参加を!
・映画見たいけど、ミニシアターに行くのはちょっと...
・こんなに面白い映画だったのに、感想を言い合える映画友達がいない!
・元町映画館に行ってみたいけど、1人じゃ...
・キューブリックファンならこの映画見ないと!
と数えあげたら理由なんていくらでもでてきますが、元町映画館から言いたいのはこの企画で
映画友達を作って欲しい!元町映画館を通して映画が最高!
と思って欲しいんです。本当に本当に。

今回も、もちろん解説つき。しかも今回はなんとこの作品をビブリオバトルで紹介してくれた学生の肥田くんによる解説!

ということで今回も絶好の作品ご用意致しました。映画ファンの学生、映画友達作りたい学生、集まれ〜

詳細
日時:8/20(木)15:15~18:30頃まで
作品:『博士の異常な愛情』(監督:スタンリー・キューブリック)
持ちもの:¥1000、学生証、映画を通して交友関係広めたいな〜という気持ち

※ここが本当に重要ですが、学生のお客様限定です!

応募方法
Twitterアカウントお持ちの方
1.まずは映画チア部のアカウント(@eigakusen2015)をフォロー!
2.相互フォローが完了すれば、名前、学校名、携帯番号を記載の上DM!
3.申し込み完了のお知らせ&当日の詳細をお送ります!

Twitterアカウントお持ちでないかた
こちらのブログにメッセージをお書き下さい。
当日の詳細をご連絡致します。



8/8(土)から公開される『劇場版ムーミン谷の彗星』原作者のトーベ・ヤンソンはフィンランド出身であり、フィンランド国民文学賞も受賞しています。

子どもから大人まで絶大な人気を誇る『ムーミン』作者の出身地の北欧にちなみ当館では元町商店街にあるNatural House神戸店さんとご協力しまして、当館だけの特別なサービスをご用意しました。

①Natural House神戸店の商品レジにて10%OFF(一部商品を除く)
条件:今作をご覧のお客様全員に配布する特製チラシをレジにて掲示するだけ。
※2000円以上のご利用必須


②Natural Houseオリジナル野菜ジュースプレゼント
飲めば他の野菜ジュースはもう飲めない!と言っても過言ではないNatural Houseのオリジナル野菜ジュース。こちらを本作をご覧のお客様に先着でプレゼント致します。
※先着順、無くなり次第終了
image.jpeg



③Natural House神戸店にて特別コーナー設置
シリアルや生鮮食品などここでしか手に入らない商品もあるかも。①の割引サービスも勿論該当致します。まだシリアルを食べたことが無い人はやみつきになること間違いなし!

IMG_3690.jpg


第二回元町ショートフィルム・フェスティバル
上映作品決定!


元町商店街が一年で一番盛り上がる日”元町夜市”今年は7/28日(火)に行われます。
当館は少しでも地元のかた、そして遠方から来られるお客様に喜んで頂きたいと思い、昨年に引き続き『第2回元町ショートフィルム・フェスティバル』を実施します。

この映画祭はお客様が撮影した独自の作品を募集し、なんと応募人数17名
作品数23もの応募がありました。

そして当館スタッフによる選定の結果
上映作品がついに決定しました。

今回、応募して頂いた皆様本当にありがとうございます。
選定から漏れてしまった皆さん申し訳ありません。

上映される作品は全てなかなかのクオリティー。アクション、SF、ホラー、ラブストーリーなんでもあります。
入場はもちろん無料!夜市を楽しむ人、映画館が好きな人、元町映画館が好きな人。
もう一度言います、入場は無料です。お友達、ご家族、みんな連れてお越し下さいませ

全て一日1回のみの上映です。ご注意を!
19:00上映開始

①『THE BIRTHDAY BLUES』
監督:吉田岳大/製作年:2014年/15分
大学生の治は、最近マンネリぎみの彼女のためにサプライズパーティーを開こうとする。友人3人を連れ、彼女のマンションに訪問すると...

②『こんにちわ、さようなら』
監督:松田晶/製作年:2015年/14分
普通の女子大生がある男との出会いをきっかけに変わってしまう。この出会いは偶然?はたまた必然?思いもよらぬ結末へ彼女は歩いていく...

③『キエル』
監督:荻颯太郎/製作年:2014/7分
主人公(兄)は、不思議な辞書を手に入れる。その辞書は書いている言葉を塗りつぶすと、その言葉がこの世から消えるというもの。妹がいじめをうけていると知った兄は、その辞書を使い...

④『幻獣ハンター神楽岡ヒミ子vs地獄の青竜軍団
監督:佃 光/製作年:2015年/5分
千年の都、京都!
その四方を守るはずの神々が、突如として人類に反旗を翻した!
人類の命運を託された神楽岡ヒミ子は幻獣ハンターである。
朱雀!玄武!白虎!
激しい戦いの末四体のうち三体までを倒し、その力を手に入れた神楽岡ヒミ子はついに、最強最後の一体、青竜の潜むこの森へと足を踏み入れたのであった。

⑤『コナとの戦い』
監督:土生健太郎/製作年:2015年/13分
女性大生、島川咲花は花粉症。とある春も例年通りの鼻水とくしゃみを予期して憂鬱に迎えていたが、今年の花粉は一味違ってなんだか面倒くさいことに...

⑥たかせぶね』
監督:金地雅明/製作年:2014年/15分
高瀬船は今日も罪人を島に運ぶ。京都市内のアパートで1歳になる幼児の遺体が発見された。とある島で、その幼児の母親が警察に身柄を確保された。事件が解決した後、警部補の庄野は母親から一通の手紙を受け取った。

前半約70分

20:10~
休憩(20分)

20:30~
⑦『房江』
監督:高山直美/製作年:2012年/15分
幼いころの父の暴力が原因で心を閉ざしてきた房江は、宗教団体主催の自己啓発セミナーに通う
日々を送っていた。そんなある日、房江は妹の沙知絵の彼氏に襲われてしまう。そして房江の中に眠る欲望が目覚めていく…

⑧『死にたい話』
監督:朴未優/製作年:2015年/14分
大好きだし愛しているから君の全部になりたいんじゃなくてね、きっとそれはそれは汚いあれです、全部あの娘のせいです。

⑨『地獄の忍者 村雨』
監督:佃 光/製作年:2015年/3分
寿司バー。男が秘密の依頼を受ける。彼の名はバルムンク村雨。最後のスラッシャー忍者だ!

⑩『ふたりのしずか』
監督:松本佳乃/製作年:2015年/13分
父子家庭で育った静香は医学部を目指している。昔気質の考えを娘に押し付ける父。そんな折、父が再婚し同じ名前の弟ができる。弟の静は耳が聴こえない。彼との交流を通して閉じた世界から一歩外へ出るまでを描く。

⑪『青に、春色。』
監督:中川信雄/製作年:2014年/14分
関西の田舎町。そこに住む上野七奈は美術部で溝口大樹や他の部員達と切磋琢磨している。しかし、突然、大樹は転校することになり絵を描くことをやめる。
突然の別れに動転する七奈だったが、大樹が残した描きかけの絵を前に七奈は筆をとる。

後半約60分

何度も言いますが入場無料ですよ!
一年に一度のお祭り。ぜひお越しを。

(芋羊甘)
Mommy_1.jpg

『わたしはロランス』を観たとき、なんて斬新なんだろう!?と思った。
けど今作は、もう「王道」と言っていいほど安心感があったし、
期待を裏切らず、凄く良かった。

何年も読み継がれている名作の童話を読んでいるような感じだった。

きれいだけど、哲学的。
ホロッと痛みを感じさせるけど、感動的。

物語は、ADHDの子供とシングルマザーの2人の物語。
お互い、すごく思い合っているのに、ケンカする日々。
そんな2人とひょんなことで知り合う隣の女の人。
彼女はかつて教師だったが、人とうまくしゃべれず、休職中。
やがて3人は仲良くなるのだが…。

障害児だから、どうこうじゃない。

誰にでも当てはまる、
親が子を思う気持ち。子が親を思う気持ち。
お互い誰よりも好きなのに、ぶつかってしまう。

心に残るいくつかのセリフがある。
「どうせママは、僕をいつか捨てる」と言うスティーブに、
「私のあなたへの愛は、永遠よ。
でもいつかあなたは、誰かを好きになって私の元を離れる。
それは仕方がないこと。受け入れなきゃ」と答える母。

そして、
「私はどんな時でも希望を持っている。
希望を持たなきゃ、明るい未来なんてないから」。

まるで宝石のようなセリフの数々。

グザヴィエ・ドランの世界に酔いしれながら、
自分の親や子を思ってしまう、
そんな素敵な映画を、ぜひ。

(空飛ぶ猫)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。