上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ある日、金城綾子は高校時代の同級生、保坂由香里と再会した。
由香里は警備員の職についており、生活も貧しい様子。
そんな由香里を見かねて、綾子は自分の会社を紹介する。
人手が足りないという綾子の説得もあり、由香里はその会社で働くことになる。


forma2.png
写真左:由香里(松岡恵望子)、右:綾子(梅野渚)

一見仲睦まじそうな二人。だけど、何かがおかしい。
一緒にご飯を食べに行っても、昔話に花を咲かせても、
由香里はどこか遠慮がちで、綾子はどこか高圧的。
その後綾子にプライベートにまで干渉され、次第に追い詰めらていく由香里。
綾子には、ある思いがあった。


私がこの『FORMA』を見て、二つの作品を思い出しました。ひとつはミヒャエル・ハネケの『隠された記憶』、そしてマイケル・フランコの『父の秘密』です。

固定カメラ、長回し、劇伴なし、不穏で張り詰めた空気が延々と続き、静かな暴力が胸を抉る。終始不気味で陰惨な物語はこの『FORMA』にも共通していました。

『隠された記憶』で描かれていたことは「罪の意識」です。過去にあったある出来事、本人はそれほど気にも留めていないことが、ある人の人生をねじ曲げるような事だったと、主人公に思い出させる(罪の意識を植え付ける)お話でした。

『FORMA』の綾子と由香里の間には昔何かがあったということが、何気ない会話から断片的に語られます。表面上はのほほんとしているシーンでも、心の中身は揺れ動き続けています。
綾子は由香里にどうしても確かめておきたい事がありました。その出来事が、今の空虚な生活を形作ってしまったからです。由香里には由香里なりの言い分があります。しかしどちらの話が本当なのか最後までわかりません。真実は謎のままです。


forma.png

もうひとつの似ている作品『父の秘密』。これは小さな発端から暴力が始まり、次第に激しさを増し、歯止めも効かなくなり、結果取り返しのつかない事が起こってしまう父と娘のお話です。コミュニケーションの重大さ。その場にいればどんな暴力にも人は身を染めてしまうこと。去年のベストにもあげた傑作だと思いますが、もう二度と見たくありません。

話がそれました。『父の秘密』で振るわれる最大の暴力は「無関心」そして「傍観」です。娘に振るわれる暴力、流血を固定されたカメラが延々と写します。周りの人間はまるで日常のひとつのように気にも止めません。そして私たち観客は嫌が応にもこの出来事をただ傍観することしか出来ません。映画の中の人間と同じように。だから胃が痛くなるんです…

『FORMA』のクライマックスは約24分間、固定カメラのワンシーンワンカットです。暴力、そして憎悪の連鎖を傍観する視点を、監督は観客に投げつけます。『隠された記憶』にあったような心の中のやましさ、罪の意識を見ている者すべてに植え付ける恐ろしいシーンです。

145分のアンチテーゼ。意識の奥底に沈めた小さな罪を掘り起こす。
そんな力をもった『FORMA』は、これからのインディーズ日本映画の草分け的映画になると思います。この作品を撮った坂本監督のこれからがとても楽しみです。

『FORMA』は元映の特別企画 「JAPAN NEW WAVEvol.2」にてシリーズのトップバッターです。
『FORMA』だけではなく「JAPAN NEW WAVE」の作品はどれも光るものばかりです。
企画の詳細はこちらから→ 日本映画界の新しい波、是非みなさまも感じてみてください。

(栞)
スポンサーサイト
先日年が明けたと思ったら、もう3月に、、、
皆様、元町映画館でどんな作品をご覧になりましたか?当館はこれからも話題作、イベント盛りだくさん。

特に3/1のイベントにはぜひご注目を!

『ふたつの祖国、ひとつの愛』   10:30〜
国境を越えて紡がれる2人の愛とは、、、


『滝を見にいく』         12:10〜
7人のおばちゃんが集まって面白くないわけがない!”おばちゃん割引”継続中

『白夜のタンゴ』         14:00〜
見たことないタンゴの世界、聞いたことのない音楽に触れるキッカケになれば、、、

『薄氷の殺人』          15:50〜
伏し目がちなグイ・ルンメイ最高!

『私の恋活ダイアリー』      18:00〜
3/1(日)には女性ゲストをお招きして、女子トーク!世の中の恋に臆病な男性諸君、世界は広し!

『劇場版BISキャノンボール2014』 19:30〜
3/1(日)上映後、松尾監督と元BIS ファーストサマーウィカさん舞台挨拶!映画がぶっとんでますから
舞台挨拶も当然、ぶっとんでます(予定)...
注意!3/1(日)のみ20:30開場、サービスデイ1100円適用外

3月も当館は今まで通り、ぶれず、ゆられず内容の濃い作品どんどん上映していきますので、
よろしくお願い致します(ひ)
こんにちわ!斉藤です。

日本の若手監督による作品を一定時期でまとめて見せる「JAPAN NEW WAVE」。
その第二弾を3月7日より開催することが決定いたしました!

2014年秋に第一弾を実施し、『サッドティー』『はなればなれに』『黒四角』『東京戯曲』『ポルトレ』の5作品を上映しました。
今回も前回に負けていないラインナップ。
『FORMA』『この世で俺/僕だけ』『ワンダフルワールドエンド』『おんなのこきらい』『世界の終わりのいずこねこ』『あの娘、早くババアになればいいのに』の計6作品を上映します。

作品のご紹介の前に…

「JAPAN NEW WAVE」についての説明を
第一弾のときに書かれた当館支配人林の熱いブログより引用します。


ーーーーーーーーーーーー

単館系のミニシアターの特徴的なプログラムのひとつに、
インディペンデント映画の上映がある。
主に若手の映画監督が、自分たちで企画を起こし、資金を集め、製作した映画だ。
劇場に映画を卸す配給会社がつく場合もあれば、
上映する劇場を探して監督本人が奔走する場合もある。

劇場運営に関わったことのある人ならみな、口を揃えて言う。

「インディペンデントは、キツい」。

キツいとは、客が入らない、興行収入があがらない、ということだ。

もちろん“興行”することを考えて作られていないような、
独りよがりの作品もないとは言えない。
だが、映画ファンにとって新たな視点を開いてくれるような、
そんな魅力的なパワーに満ちた作品に出会えることもままあるのだ。
しかし悲しいかな、どんなに魅力に溢れた映画であっても、
やはり興行的にはキツいと言わざるを得ない状況で上映を終えてしまう。

このままで、良いのだろうか?

ミニシアターの経営が苦しくなって久しい。
1人でも多くのお客さまに来ていただけるプログラムを組みたい。
いや、そんな作品を上映しないことにはもはや立ち行かないことは明らかだ。

でも「売れる」作品ばかりかけることを考えていて、それで良いのだろうか?

ミニシアターとメジャーの映画館の違い。
それは、“挑戦”ができるかどうかではないのか。

名も無き若手映画作家を応援する。育ててゆく。
それができる、いや、しなければならないのがミニシアターなのではないか。

この秋、元町映画館では、日本の若手映画作家による新作を連続で取り上げる
新たな企画「特集 JAPAN NEW WAVE」を立ち上げた。

ーーーーーーーーーーーー

以下、作品紹介になります。
まずは予告編に目を通していただきたいと思います。

『FORMA』3/7〜3/13
監督:坂本あゆみ
キャスト:松岡恵望子、梅野渚、ノゾエ征爾

金城綾子はある日、同級生だった保坂由香里と再会し、由香里は綾子に誘われて同じ会社で働くことになる。しかし、綾子は徐々に由香里を冷たく扱うようになり、由香里は追い詰められていくが、由香里に理不尽な態度をとり続ける綾子には、ある積年の思いがあった。


『この世で俺/僕だけ』3/14〜3/27
監督:月川翔
キャスト:マキタスポーツ、池松壮亮、佐野史郎

街の利権をめぐる偽装誘拐事件に巻き込まれてしまった中年サラリーマンと不良高校生の逃避行を描いた。元バンドマンで今はしがない中年サラリーマンの伊藤博と、警察官の父親への屈折した思いを抱く不良高校生・黒田甲賀。


『ワンダフルワールドエンド』4/4〜4/24
監督:松居大悟
キャスト:橋本愛、蒼波純、稲葉友

新進気鋭のシンガーソングライター・大森靖子のミュージックビデオ「ミッドナイト清純異性交遊」「君と映画」を劇場映画化。人気バンド「クリープハイブ」のミュージックビデオから生まれた映画「自分の事ばかりで情けなくなるよ」の松居大悟監督が、本作でも2本のミュージックビデオと映画を同時進行で制作。


『おんなのこきらい』4/18〜5/1
監督:加藤綾佳
キャスト:森川葵、木口健太、井上早紀

女性新鋭監督・加藤綾佳が森川葵を主演に迎え、かわいいことが女の価値だと信じる主人公キリコの恋愛を通し、女心をポップかつ毒気を含んで描いた一作。「MOOSIC LAB 2014」で準グランプリ受賞した。主題歌や劇中歌を3人組エレクトロポップユニット「ふぇのたす」が担当。


『世界の終わりのいずこねこ』4/18〜4/24
監督:竹内道宏
キャスト:茉里、蒼波純、西島大介

「猫系小動物NEOアイドル」として人気を博し、2013年8月31日をもってソロプロジェクト「いずこねこ」を終了した茉里が、その活動の最後を飾るべく映画初主演を務めたオリジナル作品。原因不明の伝染病が蔓延し、人が住めない状態になってしまった西暦2035年の東京を舞台に繰り広げられる騒動を描く。


『あの娘、早くババアになればいいのに』4/25〜5/1
監督:頃安祐良
キャスト:中村朝佳、尾本貴史、結

アイドルオタクの父と、血のつながらないアイドル志望の娘が織りなす奇妙な親子愛を描いた異色コメディ。書店を営む40歳の童貞男性・平田は、17年前に同級生から託された女の子アンナを娘として大切に育ててきた。しかし生粋のアイドルオタクである平田にとって、娘を育てることは理想のアイドルを育てることと同じ。アンナもそんな父の期待に応えるべく、本気でアイドルを目指しはじめるが…。

ーーーーーーーーーーーー

どの作品も若い頃にしか表現できない感情や、荒々しさの中にある新しさを感じていただける作品だと思います。
どうぞご期待下さい!!

そして今回は3作品ご鑑賞いただく毎に招待券をプレゼントすることが決定しました!
お得なスタンプラリーをぜひご利用下さい♪

(斉藤)
chonoryoku_imamiya.jpg

【あらすじ】
超能力研究部の育子、良子、あずみの3人は、
貴重な青春の日々を、うさんくさい超能力の研究に費やしていた。
そんな中、ひょんなことから同級生の森くんの超能力を目にしてしまう。
自分が宇宙人であるという彼との出会いをきっかけに、彼女らの日常が変わっていく…。

【見所】
「ぜんぶウソ」

アイドル映画であってその枠をはみ出す異色作! 

騙されないで、とは言いません。むしろ騙されちゃってください。
というのも実はこの映画、「あらすじ」と「本筋」は
全くと言っていいほど関係ありません。
『超能力研究部の3人』を演じる3人、彼女らが主人公のモキュメンタリーなのです。

乃木坂46の選抜メンバーが映画をやる、つまりアイドルたちが映画をやる、というのは、
もはや目新しいものでもなく、またか、と思われる方々も少なくないはず。
そういった一般的なアイドル映画では、
物語の脚本や演出など、その作品本来の力よりも、
アイドルたちの持つ魅力を全面的に押し出しているため、
どうしても『浅い』と思われがちであります。

実際、私も見る前までそう思っていました。またか、と。

しかし、この映画ははっきり言ってそうではありません。
思ったのとは違います。
それがいいか悪いかは見る方々に委ねられるところでもあります。

ただのアイドル映画ではないのですが、本当はどこまでもアイドル映画であります。
前述したような偏見を、そのまま映画にしたような作品なのです。
「アイドル映画って、こういう風に作られてるんだと思われてそうだよね」という、
どこかメタフィクショナルな視点がふんだんに盛り込まれています。

「ぜんぶウソ」
これを受け入れられるか否かで、楽しめる度合いは変わってきます。

例えば、演技力のない演技をうまくできる人は、本当は演技力高いんじゃない?など、
裏の裏を考えることを楽しめるのかどうか、です。

開始数分は戸惑います。
何これ?と思います。

ですが見ていくうちにそれにも慣れ、想像と現実との、
映画とドキュメンタリーの間に存在するこの奇妙な世界の一員となれます。
一度そうなってしまえば後はもう爆笑の嵐です。

種明かしのないドッキリ番組、そんなイメージでしょうか。
是非メイキングを見てみたいものです。

(是木遥)

みなさまこんにちは。

今週のスケジュールをお知らせします。

〈2/21〜2/27までの上映スケジュール〉

*****************

滝を見に行く[NEW!]      
10:30〜

薄氷の殺人[NEW!]      
12:20〜

王の涙[27日まで]        
14:30〜

超能力研究部の3人[NEW!]     
17:10〜

薄氷の殺人[NEW!]      
19:30〜


*****************

『滝を見にいく』「7人のおばちゃん割引」
「とんがりコーン」来場者プレゼント決定!!

7人のおばちゃんが滝を見るツアーに参加するが、ひょんなことから山で迷子になってしまうはめに...果たしておばちゃんたちは色んな困難がある山の中で生き残れるのか、そして無事に滝を見ることができるのか?

◎7人のおばちゃん割引
本作で主演を演じる7人のおばちゃんたち。彼女たちの個性、友情が随所に見える本作。そのおばちゃんたちにあやかって、40歳以上の女性7名以上のグループでご来場の場合、お1人様なんと800円!!でご鑑賞いただけます。お友達、ご家族つれてぜひご参加ください。

◎とんがりコーン、プレゼント決定!!
おばちゃんたちの生死を左右するかもしれない?アイテム"とんがりコーン"をハウス食品さんのご協力により、本作をご覧のお客様にどどーんとプレゼント。小腹が空いたお供にぜひ!!
(先着順、なくなり次第終了。お1人様1袋。)

『滝を見にいく』上映期間:2/21(土) ~3/13(金)

******************

その他の新作上映は、乃木坂46の3人と山下敦弘監督が送る
キッレキレの青春アイドルムービー
『超能力研究部の3人』!
も、元映であの山下監督の新作が見れるなんて…!私感激です!

そして2014年・第64回ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞と男優賞をダブル受賞したクライムサスペンス
『薄氷の殺人』!

おばちゃん?美少女?フィルムノワール?
今週末も話題作盛りだくさんでお送りします!
みなさまのご来場お待ちしております!

(栞)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。