上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cineclub_10.jpg

まずは恒例のスイーツ紹介から。

今回のお題で外せないのが、『マダム・イン・ニューヨーク』のラドゥ!
ということで、作って来ました、カボチャで(汗)。
本来はひよこ豆の粉で作るのですが、手に入らなかったので…。
でも、本物を食べた方にも「それっぽい味になってる」と言っていただきました^^;
ポイントはカルダモンとココナツパウダーですね。
チャイも一緒にいただきました!

それでは、お題は『シンプル・シモン』から。

「かわいい映画!でも、お兄ちゃんと彼女がかわいそう。
親も含めて、シモンを尊重するのはいいが、
“障害者に尽くすのが当たり前”というのはどうか?
自分の生活を犠牲にしてまで、というのはしんどくない?」
「ファンタジーをもっと突き詰めて、みんながハッピー、というなら楽しめたが、
意外とリアリティがあって考えてしまった」
という意見がありました。

一方で、
「この映画は決して自分を犠牲にする兄を褒めてない。
むしろ、新しい彼女候補によってシモンが自分の殻を破るところを見せることで、
実は兄や親が“シモンはこうあるべき”と型にはめ、彼の可能性を狭めていたのでは、
と言っている」
「新しい彼女候補がとても魅力的に描かれてる。
自分が幸せになればいい、というところが良かった」
という意見も。

明確な答えを示さないエンディングでしたが、
お兄ちゃんも幸せになれるといいですね〜^ ^

続いて、『マダム・イン・ニューヨーク』。

インド映画好き!と言う方は、
「ハッピーエンドで、主演の女優さんが超美人で、NYに住む姪っ子もいい子!
リアリティがあって、共感できた。
例えばカフェで言葉が通じなくて悔しい想いをするとか、
家族に尊重されない中で、英語クラスのフランス人男性にアプローチされて、
浮気心が出ちゃうところとか…!」
と絶賛。

また、
「子供が性格悪くて、やはり容姿があまり…な描き方はインド映画の定石で面白かった」
という意見も。
あのお母さんにしてこの子って…と突っ込みたくなってしまいますよね。

その他、
「あくまで上流階級の家庭の話。あのお母さんも、結局はあの後
また同じ生活が続いて行く。そういう点では保守的、予定調和的」
「もっと、お母さんに夫と戦って欲しかった。
何だかんだいっても夫を立てる姿勢は変わらず、スカッとしない」
「英語の先生がゲイだったり、さりげなくマイノリティを入れているところは、
戦略的にうまくできてる」
といった意見もありました。

8/30から同じくインド映画の『めぐり逢わせのお弁当』が始まっています。
『マダム・イン・ニューヨーク』も正統派?ボリウッド映画とは
少し毛色の違う作品ですが、こちらはさらに大人し目の作品。
たまにはミュージカルシーンのないインド映画もぜひご覧ください!

続いて、『友だちと歩こう』。

「『独立少年合唱団』『いつか読書する日』の緒方監督、安心して見れた」
「人と人との距離の取り方が難しい現代日本社会があり、
そこで人間と人間の関係性をよく撮ってる映画は面白い。
『ほとりの朔子』の深田監督なんかもそう」
「冒頭で老人が足を引きずって歩くシーンを延々撮ってる。
それだけで、その人の苦労とか背景がわかる。
映画として何を見せて何を伝えるかが考え抜かれてる」
「ポスターとか見ると老人の話に見えるけど、中年二人の話も面白い」

説明が難しいのですが、歩いてるシーンだけで何か面白いんですよね。
中年二人の喫茶店の会話とか。個人的にかなり楽しめた作品でした。

最後は『南部軍』『南営洞1985』。

「『南部軍』は朝鮮戦争時に南北統一を目指してたパルチザンが先細って行く話。
韓国映画はこういうものを描くタフさがある。描き方としては、否定的でも肯定的でもなく、
一生懸命やった人たちがいたよ、というスタンス」
「『南営洞〜』は87年に民主化される、ほんの数年前の話とは思えない悲惨さ」
「その後、拷問された人は金大中時代に閣僚になった。
拷問してる方(管理職レベル)はちゃんと罪に問われてる。
映画では、下っ端は仕方なくやった、という描き方」
「監督は、ベトナム戦争に従軍した韓国兵の後遺症を描いた『ホワイト・バッジ』、
アン・ソンギ主演で冤罪事件を描く『折れた矢』などがある。
韓国映画を多くかける、というスクリーン・クォーター制でハリウッドと戦った社会派」
というお話が聞けました。

おまけに、4周年記念の『地下鉄のザジ』の話も出ました。
「ザジがあまりに奔放過ぎてついていけなかった」
という意見に対し、
「あれはやはりルイ・マル監督の子供映画の典型になってる。
『さよなら子どもたち』のユダヤ人少年など、
自分が何としても生きたい、という想いが出てる」
という意見がありました。

さて、次回のシネクラブは9/21(日)です!
たくさんのご参加お待ちしています。

元町シネクラブ Vol. 11
◎日時:9/21(日)13:30~15:00
◎参加費:200円(会場費、お茶代)
◎お題映画
『めぐり逢わせのお弁当』(元町映画館で~9/26まで上映)
『リアリティのダンス』(元町映画館で〜9/12まで上映)
『南風』(元町映画館で〜9/12まで上映)
『私の、息子』(元町映画館で9/6~9/19上映)

(S/N)

スポンサーサイト
みなみなさまーこんばんわ。夏ももうすぐお終いですね。9月です。9月。
先日私は風邪をひいてしまいて…観れるはずだった映画も観れず
そのまま夏が終わっちゃいました。とほほ・・・。

風邪の時はそうめんが救いですね。胃にやさしいです。
最近作った中で美味しかったのは、ミニトマトとシーチキンを合わせたものです。
お好みでレタスも添えて、さっぱりポン酢でいただきます。美味しい。

そんなこんなで今週のスケジュールをお知らせします。

***********************

【8月30日~9月5日の上映スケジュール】

めぐり逢わせのお弁当[NEW]
10:30~/14:40~

南風
12:40~

あいときぼうのまち
16:40~

リアリティのダンス
19:20~

**********************

『めぐり逢わせのお弁当』上映期間中の毎週末、インド料理店「ピーナカーナ」のお弁当を販売!

“ダッバーワーラー”と呼ばれる配達人たちが、家庭から預かったお弁当をランチタイムにオフィスに届ける…そんなインドのお弁当配達システムを題材に、見知らぬ男女の交流を描いたインド映画『めぐり逢わせのお弁当』。元町映画館での上映期間中の毎週末、インドレストラン「ピーナカーナ」のお弁当を劇場前で販売します!映画に登場するメニューも盛り込まれたおいしいお弁当をぜひお楽しみください。販売日と時間は下記の通りです。売り切れ次第終了となりますのでご了承ください。

bento.jpg


☆MENU(各700円)
・ホウレンソウとチーズのカレー(炊き込みご飯、ミニナン付き)
・ジャガイモとカリフラワーのカレー(炊き込みご飯、ミニナン付き)
・チキンのビリヤニ

☆お弁当販売日時(各日売り切れ次第終了となります)
8/30(土)・8/31(日) 12:00~13:00/16:00~17:00
9/6(土)・9/7(日) 12:00~13:00/14:30~15:30
9/13(土)・9/14(日) 12:00~13:00/16:00~17:00
9/20(土)・9/21(日) 12:00~13:00/19:30~20:30

ピーナカーナ神戸店→


**************************

さてさて今週末からはじまります『めぐり逢わせのお弁当』はインド映画の新作です。でも普段のイメージにあるような、きらびやかで陽気なダンスいっぱいのインド映画とは全く別のベクトルのラブストーリーでもあり、人情劇でもあります。
夫との距離を感てじる女性、妻を亡くした定年間際の男性。
そんな二人の、偶然から始まった手紙のやりとり。
二人の心が通い合った瞬間、息苦しい現実にふっと光が差し込みます。
そういった、観ているこっちも笑顔になってしまうシーンが、この映画には沢山詰まっています。
ヨーロッパで大ヒットしたちょっぴりビターなインド映画を、みなさま是非ご覧ください。

**************************

そしてそしてリアリティのダンス』、『南風』、『あいときぼうのまち』も絶賛上映中。
みなさまのご来場をお待ちしております。

(栞)

aitokibou_talk_1.jpg

福島に生きる4世代の家族の姿を通じて70年にわたる日本の歩みを描いた
『あいときぼうのまち』がいよいよ元町映画館でも公開となりました。

初日の8/23(土)、本作の脚本を担当した井上淳一さんにお越しいただき、
舞台挨拶とトークイベントを開催しました。
井上さんにお越しいただくのは、『アジアの純真』『戦争と一人の女』に続き3回目。
いつもありがとうございます!

監督の菅野廣さんは、福島県のご出身。
故郷を題材に映画を作りたいと本作の企画に乗り出されました。
脚本家仲間である菅野さんから話を持ちかけられたとき、相当悩んだと井上さん。
3.11をテーマとすることにかなり葛藤があり、
フィクションの題材として扱う自信もなかったと話します。
悩んだ井上さんは、仲間と車を借りて福島へ向かいました。
そこで街を見、人と話し、「同じだ」と感じたそうです。
“被災地”でも“フクシマ”でもない。
自分の故郷である愛知県とも、現在住んでいる東京とも、地続きに繋がっているんだと。
そして1945年に福島県石川町ではウラン採掘が行われていたことを知って、
今度は過去・現在・未来と「時間」も繋がっていることに思い至り、
「これなら映画にできる」と思ったのだと話してくれました。

トーク開始前から、井上さんはお客さまからたくさん話しかけられていて、
質疑応答の時間にはさらにたくさんの方のお声をいただいてとても盛り上がりました。
「周りにも薦めたい」「世代を超えて残してほしい作品」など、
みなさん作品への賛辞を惜しみません。
お孫さんが東北へボランティアへ行かれた方のお話、
船員だった方の戦艦大和のお話、医療に従事している方の放射線のお話…
作品の感想に加え、いろんな立場の方のいろんなお話も聞くことができました。
それを聞いていて、この映画はいろんな人の“想い”を
掘り起こすことのできる作品なのだなあと感じました。
本作の関西宣伝を担当している松井さんによる
貴重な映画宣伝のお話も聞かせていただき、とても内容の濃い時間になりました。

8/31(日)には、原発事故被災者支援兵庫弁護団の弁護士である
小原良子さんをお迎えし、
「原発事故で関西に避難された人たちがなぜ立ち上がったのか」
と題してトークを開催します。こちらもぜひご参加ください(上映後、2Fにて)。

『あいときぼうのまち』は9/5(金)まで上映しています。
上映スケジュールは↓
8/23(土)〜8/29(金) 10:30〜
8/30(土)〜9/5(金) 16:50〜

みなさまのお越しをお待ちしております。

aitokibou_talk_2.jpg

井上さん、みなさま、どうもありがとうございました!

(mirai)

こんにちわ!
8月23日、土曜日から一週間のスケジュールをお伝えします。

****8/23~8/29の上映スケジュール****

『あいときぼうのまち』
10:30〜

『南風』
13:00〜

『リアリティのダンス』
15:00〜

『エスケイプ・フロム・トゥモロー』(1週間限定)
17:30〜

『リアリティのダンス』
19:20〜

********イベント情報********

『あいときぼうのまち』脚本・井上淳一さん舞台挨拶&トーク決定!
東電に翻弄されながら福島に生きる4世代の家族を通して、70年にわたる日本の歩みを描いた『あいときぼうのまち』。3.11後も生き続ける私たちに様々な問いを投げかけるこの映画、観終えたときにはタイトルの持つ意味を考えずにはいられません。神戸での公開を記念して、脚本を担当した井上淳一さんの舞台挨拶とトークが決定しました!

◎井上淳一さんトーク
日 時:8/23(土) 10:30の回上映終了後
会 場:元町映画館2F
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

***********************

いよいよアレハンドロ・ホドロフスキー監督、23年ぶりの最新作『リアリティのダンス』を公開!
当館では現在、彼の代表作『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』『サンタ・サングレ』を上映中!(変則の日程ですのでこちらをご確認ください→★)
ホドロフスキーの映画はスクリーンで観るべき映画ですので是非この機会をお見逃しなく!!

(さいとう)
motoei_jounai.jpg

元町映画館はこの8/21に、4周年を迎えます。
この土曜、8/16からアニバーサリーウィークに突入しております!
若手スタッフが悩みに悩んで選び出した4作品(しかもすべてフィルム上映!)で
みなさんと一緒に映画の時間を過ごせることを心待ちにしています。

4年前のオープン時、スタッフは3人でした。
しかも3人が3人とも劇場運営に関わるのは初めてで、
今から振り返れば、そりゃあもう笑っちゃうようなドタバタの日々でした。
(当時の私たちに笑い飛ばす余裕は皆無でしたが…)
それからの4年は本当にあっという間でした。
遊びに行くことやプライベートがなくなることも全く気にかけず、
自分がこんなに全力で仕事できることに今さらながら驚いたりしつつ、
たくさんの方に支えてもらいながら、私たちもほんのちょっぴり成長したように思います。

そして今年からは20代の若いスタッフたちが増え、
映画が大好きな彼らに企画や宣伝をどんどん任せることで
〈元町映画館2nd Season〉がいま来ているような気がしています。

今回の4周年企画は、そんな彼らが主役です。

周年企画を任されて、ビビりながらもワクワクが止まらなくなった彼らの表情。
提出されながらもボツになった数々の企画案。
自分の「好き」と「元町映画館で上映する意義」を天秤にかけて作品選定に悩む姿。
悩んだ末に最初の案から大きく姿を変えたチラシデザイン。

企画が完成するまで、彼ら“らしさ”を失いそうな瞬間がいくつもありました。
それでも何度へこんでもしばらくしたらガバッと立ち上がって案を練り直し、
最終的にとても素敵な企画に仕上がったのは彼らが映画を愛してるからなんだなあ、
と近くで見ていた私はなんだか嬉しい気持ちでいっぱいです。
この企画こそが4周年のお祝いのようにも思えています。

過去の名作に憧れる気持ち、大好きな映画を自分の働く劇場でかけられる嬉しさ、
もっともっとみんなにも映画を好きになってもらいたいという願い、
そんな彼らの想いがストレートに伝わる愛すべき周年企画になりました。
チラシの裏にそれぞれが書いた紹介文もとても良いので、ぜひ読んでみてね。

彼らの想いは劇場に溢れています。
ぜひみなさん足を運んでくださいね。
企画を気に入っていただけたら、若い彼らにもぜひ声をかけてください!
みなさんが思っている以上に
「どうやったんかな〜〜〜気に入ってもらえてんのかな〜〜〜」
と、気にしぃの彼らです(笑)。

(mirai)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。