上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JLG+DV_gorin_godard.jpg

上映2週目にはいりました
『ジャン=リュック・ゴダール
+ジガ・ヴェルトフ集団WEEK』→

一週間を終えてみてわかったこと、それは

「この時代のゴダール、人気ない…」です(とほほ)。


「好きな映画監督?ゴダールかな」
「わたしゴダール好き!」

そんな人はたくさんいる(ような気がする)のに、
いわゆる“政治の時代”の
ゴダール作品を観ている人は少ない。
今まで観たかったけど
観る機会がなかったんじゃなかろーか。
(そうだ!と言う人。今回初公開が3本もあります!)
今まで観たことがなかったからこそ
この機会に観てくれるんじゃないだろーか。
そう、思っていたのだけど。
連日なかなかに寂しい客席を
じっと物陰から見つめては(怖い怖い)
おかしいなー。とひとりつぶやくわたし。

なんでゴダールなのにお客さんが少ないのか。
それはやはり、この時代の作品を表す言葉
「政治」が最大の要因と考えざるを得ない。

政治への関心がこの上なく薄い今の日本では
「政治」と謳われるだけで
なんかムツカシソーだぞ、
オモンナサソーだぞ、
ネムソーだぞ、
そう思われてしまうんじゃないかしらん。

私個人の見解ですが、
この時代のゴダール作品にとって重要なのは
「政治」ではなく
「商業映画への訣別」の方だと思うのです。

(なぜ訣別に至ったかというとそこにはやはり
政治への思いが絡んでくるわけなんですが、
まあそれはとりあえずさて置きまして)

商業映画との訣別により、
この時代のゴダールが追い求めたもの。
それは、
〈既存の映画的思考の改革〉と
〈映画言語の実験〉。

これはつまり、
アンドレ・ブルトンによるシュルレアリスムや
トリスタン・ツァラによるダダイスムと同様、
れっきとした芸術運動なのです。

なのに「政治の時代」と簡単に括られ
「政治に関する映画ばかり撮っていた時期」
とだけ認識され、しかも
“だからこそ”敬遠されるという負の連鎖。
ああ。もったいない!

映画というメディアを
とことんまで突き詰めて真剣に考え、
破壊と再構築を試みた映画作家・ゴダール。
その軌跡は映画ファンのみならず
芸術を愛する誰もが観るべきもの、だと断言します。

面白いとか楽しめるとか泣けるとか、
そういった感想自体が
「既存の映画」に付随したものに他ならない。
既存の映画を破壊しにかかったこの作品群を
劇場のスクリーンで体験したとき、
そんな既存の感想以外に
自分の内には何が生起するのか。

それが今回の最大の見どころなのだと思っています。

映画が与えてくれるものを
ただ受け取るためにじっと待つのではない。
映画が与えるものが
自分の内面にどんな作用をもたらすのか。
それを自分はどう感受するのか。
積極的に自分の内へ働きかける鑑賞です。

映画のスタイルの変遷と時期を同じくして
パートナーの女性も変わってきたゴダール。
(いや、パートナーが変わるたびに
作品も変化を遂げるのかもしれない。
ちなみに今回の特集の時代は
〈アンヌ・ヴィアゼムスキー期〉です)
自分の作り上げる映画だけでなく、
自己変革をも目指した男の歴史をひもとく
「ゴダールと女たち」(四方田犬彦・著)を
今回少数ながら販売しています。

ゴダールという男をもっと知るために、
こちらもぜひご一読を。

(mirai)

スポンサーサイト
知らない間に(私だけ?)
梅雨も明けていて、いよいよ夏本番!!
プールやら避暑やらスイカやら
流しそうめんやらでお忙しいとは思いますが、
元町映画館では猛暑にも酷暑にも(一緒か)
負けることなくみなさまのお越しを
お待ちしております!
なんてったって8月21日は
元町映画館2歳の誕生日だし(ココ強調)!
2周年記念企画もありますよ!!




7/28(土)~8/17(金)
ベティ・ブルー/愛と激情の日々
初公開から25年の時を経て、
ジャン=ジャック・ベネックス監督自ら監修した
デジタル・リマスター版で
世界中を虜にした激しくも切ない愛の物語が蘇る!
公式サイト→





7/28(土)~8/3(金)
HIT SO HARD

90年代オルタナティブシーンを駆け抜けた
稀代の女性ドラマー、パティ・シュメル。
ニルヴァーナのカート・コバーンと
その妻コートニー・ラヴの普段の姿を
収めたホームビデオの映像には
ふたりの未発表曲も収録。ファン必見!
公式サイト→





8/4(土)~8/10(金)
モトマチセレクションvol.12 追悼テオ・アンゲロプロス
第二弾|狩人 シテール島への船出

angelo_kariudo.jpg
angelo_siteeru.jpg

ギリシャの巨匠、テオ・アンゲロプロス監督の
長編10作品連続上映第二弾!
この2作品は上映の機会が少なく、観たいけど
観られなかったという声をよく聞きます。
ぜひこの機会をお観逃しなく!
特集詳細はこちら→

*お得な5プロ券(5000円)は開催期間中も販売




8/4(土)~8/17(金)
大阪のうさぎたち

90%の人類が亡くなった地球で唯一
何事もなかったかのように普通の生活を続ける
都市「OSAKA」を舞台に、韓国人男性と
恋人を亡くした女性が出会い、共に過ごす。
人気上昇中の韓国スター、ミン・ジュンホと
アジアインディーズのミューズ、杉野希妃主演。
公式サイト→


★8/5(日)杉野希妃さん舞台挨拶&
主演のおふたりのサイン入り英語版チラシが
当たる抽選会開催します!

★前売券販売中(8/3まで):1200円





8/11(土)~8/24(金)
ハロー!? ゴースト

生きる希望を失ったサンマンは
自殺を試みるがうまくいかない。
ある日病院で目覚めると
4人のゴーストに取り憑かれていて!?
たくさん笑って思い切り泣ける感動ムービー!
公式サイト→


★前売券販売中(8/10まで):
1500円(チャ・テヒョン特製ポストカード付き)





8/11(土)~8/24(金)
マクダルのカンフーようちえん

鈴木福くん、剛力彩芽さんが声優に挑戦!
お人好しでちょっぴりおバカな子ブタのマクダルが
大好きなママのためカンフーの修行に励む!
中国で記録的大ヒットとなったマクダルシリーズ最新作。
公式サイト→


★前売券販売中(8/10まで):
1300円/親子ペア券1800円(ステッカー付き)





8/11(土)~8/24(金)
王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件

則天武后が中国初の女帝となる日を前に、
突然人体が発火するという怪事件が発生。
事件解決のため、以前謀反を試みたとして
投獄されていた凄腕のディー・レンチエが呼び戻される。
“香港のスピルバーグ”ツイ・ハーク完全復活!
主演のアンディ・ラウの華麗なアクションが冴える傑作!
公式サイト→





8/18(土)~8/24(金)
モトマチセレクションvol.13
元町映画館2周年記念!幻想の魔術師カレル・ゼマン

ワクワクドキドキの冒険ととびきりのロマンチック!
2周年記念企画では、チェコアニメの先駆的存在
カレル・ゼマンの7作品を特集上映します。
詩情あふれる繊細な美しさと心に沁みるストーリー、
どこかトボけた味わいに満ちた
レトロなアニメーションを楽しむ夏の夜はいかがでしょう。
詳細はこちら→


*お得な2プロ券(2400円)は開催期間中も販売




8/25(土)~8/31(金)
モトマチセレクションvol.12 追悼テオ・アンゲロプロス
第三弾|アレクサンダー大王

ギリシャの巨匠、テオ・アンゲロプロス監督の
長編10作品連続上映第三弾(折り返し地点)!
人気の高い『アレクサンダー大王』の登場です。
古い作品のため、フィルムの状態があまり良くありません。
ご了承の上ご鑑賞お願いいたします。
特集詳細はこちら→


*お得な5プロ券(5000円)は開催期間中も販売




8/25(土)~8/31(金)
ムカデ人間&ムカデ人間2

世界中を震撼させた“あの”問題作が
ついに元町映画館に登場!
しかも1と2ダブルでやっちゃいます!
題して「夏の終わりのムカデ人間祭り」!!
2作品続けて観るぜというツワモノには、
割引サービス&先着でプレゼントもあるよー!
公式サイト→





記事のシメがこの作品になってしまったか…
といささかの動揺を覚えつつ。
まあ夏だし。祭りですよってことで。
お友だちを誘ってぜひ来てくださいねー!

(mirai)
8/18(土)〜8/24(金)

モトマチセレクションvol.13
幻想の魔術師カレル・ゼマン


2012年8月21日、元町映画館は
2歳のたんじょうびを迎えます。
今年のお祝いに選んだのは、
ワクワクする冒険と奇想天外なファンタジー、
それでいてとびきりのロマンチック!
チェコアニメの先駆的存在、
カレル・ゼマンの作品を特集上映します。

上映スケジュールはこちら
↓(画像クリックで拡大されます)↓
zeman_timetable.jpg


|料金|一般1500円、2プロ券2400円



作品紹介

クリスマスの夢
1946年/11分
zeman_christmas.jpg
新しいオモチャに夢中になってしまった
少女の心を取り戻そうと、
古い人形は踊ったりおどけたり…。
『トイ・ストーリー』はこの作品へ捧げた
オマージュと言われるゼマンのデビュー作。



プロコウク氏 映画製作の巻
1947年/8分
zeman_prokouk.jpg
ちょっとおっちょこちょいで憎めない
プロコウク氏が映画製作に猪突猛進!
痛烈な皮肉で社会を風刺する
サイレント喜劇風スラップスティック
短編人形映画シリーズの初期作。



水玉の幻想
1948年/12分
zeman_mizutama.jpg
一滴の水玉の中に広がる、
ガラス細工の少女と彼女に恋した
たんぽぽの綿毛のピエロの悲しい恋の物語。
宝箱に大切にしまっておきたくなるような、
繊細で可憐な映像叙事詩。



鳥の島の財宝
1952年/68分
zeman_torinoshima.jpg
美しく小さな島では、
みんなが平和に暮らしていた。
ある日突然島に黄金がもたらされ、
島民は争ったり憎み合うようになる。
大人の絵本と言うべき人形アニメ。



盗まれた飛行船
1966年/90分
zeman_hikousen.jpg
19世紀末、ついに人間が
空を飛べる時代になったとたんに
少年たちが飛行船を乗っ取り冒険旅行!
ジュール・ヴェルヌの原作を特撮映画化した
懐かしく楽しい冒険譚。



クラバート
1977年/73分
zeman_krabat.jpg
少年クラバートは夢に誘われるまま
荒れ地の水車場の見習いになり、
親方から魔法を習う。
児童文学の傑作を、抑えた色彩と
ダークなキャラクターで映像化。



ホンジークとマジェンカ
1980年/66分
zeman_honzikovi.jpg
世界を旅するホンジークは、ある日
美しい妖精マジェンカに出会い恋に落ちるが、
2人の愛を試す試練が次々襲いかかる。
“真実の愛”と“戦争のない世界”を望む
祈りにも似た、美しすぎるゼマン最後の長編。



チェコアニメが好きだという人も、
観たことないという人も、
観るときっと虜になること間違いなし!
時にはのんびりと童心にかえって、
不思議の国・チェコからやって来た
レトロなアニメーションを楽しんでみませんか。
ドキドキ、ワクワク、ウットリの真夏の夜。
ぜひ観に来てくださいね!!

(mirai)

hikarinooto1.jpg

音楽という夢を追って上京した青年が、
父の怪我により家業の手伝いをするため
故郷である岡山の山深い町へ戻る。
夢、家族、恋人、仕事…
様々なことに悩みながら新しい年が明ける。

ストーリーだけ追うと、わりとベタな話だ。

じゃあ、なぜ、
この作品はこれほどまでに
深い余韻と静かな感動を与えるのだろう。

この映画にとって、
ストーリーは中心に据えられていない。
そんな気がした。
ストーリーは映画のために
必要なものではあるが、
監督の言いたいこと、伝えたいことではない。
それよりも、観ていると、
もっと迫ってくるものがあるのだ。

それは、“営む”ということだった。

一人ひとりのそれではなく
過去現在未来の大きなうねりのような
生きる、営むということが
言葉でなく、演出でなく、
映画そのものから
立ち上ってくるように感じられる。

牛飼が歌よむときに世の中の
新しき歌大いにおこる
—伊藤左千夫


ポスターに、チラシに、
この歌が引用されている。
山崎樹一郎監督は岡山県真庭市で
トマト農家を営んでいるという。
なるほどこれは、
土とともに生きる者の映画なのだ。

エンドクレジットの画面いっぱいに
映し出される牛たちの姿を
ぜひ、観てほしい。
獣の吐く息の匂い、湿り気や熱気が
スクリーンのこちら側まで
伝わってくるような心持ちがした。
その画をじっと観ていて、
営むということを見せられた気がし、
かつてブレッソンの描いた
“バルタザール”のあの瞳を思い出した。

山崎監督は牛たちに、何の役割も持たせない。
何かを語らせることもしなければ、
物語に積極的に関わらせることもしない。
ところがスクリーンで
人間たちと共に生きている姿こそが、
この映画の主役なのだと思わせられる。
動物たちと共に生きる生活から離れ、
ペットという言葉に慣れすぎた私たちは
こうやって共に生を営むということを
忘れているような気がしてならない。

ひとつひとつの場面の美しさも特筆もの。
きっと山崎監督は真庭を愛しているのだろう。
カメラに映る風景に愛を感じます。

(mirai)

JLG+DV_godard.jpg

やっぱり、ゴダールは私のアイドルである。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
70年代のゴダールは、60年代の
『女は女である』『気狂いピエロ』などの
華々しいヌーヴェル・ヴァーグ時代とはうってかわって
名声を確立した「ジャン=リュック・ゴダール」という
名前を捨て、商業映画と決別をし、
「ジガ・ヴェルトフ集団」を名乗り(正確に言えば68年)
政治的要素を多く含んだ作風に傾倒していく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ヌーヴェル・ヴァーグ時の軽やかな幸福感が
好きなひとに、今回の特集の渋さをケッと
吐き捨てられても仕方ないようにおもうが、
それじゃあどこかもったいない。

政治的な内容であれ、人を笑わせることが
大好きな喜劇作家ゴダールさんはいつだって
茶目っ気たっぷりである。

字幕が四方八方同時に出てきたり(読めない)、
変な間で変な音を出してきたり
(その不意打ちに眠気も覚める)、
映像をめちゃめちゃにしたり、
観客と遊びたがりなので、
よくちょっかいを出してきます。

ここらがなんとも愛らしい~~~~

この時代のゴダールは難解で退屈だと
言われるかもしれないけれど、
難しい言葉を理解しなくても
このようなゴダールさんのお遊びに
付き合えば十分に楽しめるし、
よく話を聞いていると4割くらい
おバカな発言なのである。

実際、本人はこう言っています。
「私はまだ一度も、人から《おまえの映画は左翼的だ》とか
《右翼的だ》とか言われたことがありません。
映画の連中が私に投げつけた唯一の非難は、
《おまえが作っているのは、それは映画じゃない》
というものです」

どうですか?
このコメントに30分くらいは笑えました。
本気でやっているのかお遊びなのか…。
どうであれ、流行りのものは何でもやってみる、
(次回作は3Dですって!)
その実験的で挑戦的な姿勢には感心します。
あ、でもちょっと愛混じりにばかにしています。
ゴダールじいちゃんも御年82歳。
もっともっと長生きしてほしいですね。


ゴダール映画は難しいと思っているひとは
一度、ゴダールを斜め上から見てはいかがですか?
また変なことしよったな、と(笑)。
そうすればもっとゴダールの魅力に気付き、
いつの間にかアイドル=ゴダールに
なっているとおもいます。

…ならんか!

今回の特集、頭を固くせずに簡単にみれてこそ
真のゴダール好きだとわたしは思います。
みんなでゴダールのお遊びに、
ガハハと笑ってやりましょう!


あ、ちなみにゴダールさんはこのあとまた
商業映画に戻ってくるんですけどね。


ね、お茶目でしょ?

(neco)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。