• 続きを読む
  • 世間はGWに突入ーーー!!!みなさんどんな休日を過ごしてますかー?(わたしは休みなくはたらいてまーす!)せっかくのお休み、アソビも良いけど映画もね!5月の元町映画館もアツいよー!!5/5(土)〜6/1(金)『別離』イラン映画史上初のアカデミー受賞、さらにベルリンでも史上初の3部門独占の上半期いちばん(断言)の注目作!5/5(土)〜5/11(金)※一週間限定!『実演!淫力魔人/イギー&ザ・ストゥージズ』ゴッドファーザ... 続きを読む
  • それにしても映画のタイトルに変なサブタイトルつけるのそろそろヤメにしませんか。(サブタイトルにイラッとさせられ観逃すことも多々)テトロにも「過去を殺した男」なんてのがついてるがいやそれは良く言い過ぎでしょ。「過去から逃げた男」でしょ。臆病にも過去から逃げ回って(捨てるほどの覚悟はない)恋人や弟たちの手を借りて過去と向き合い受容し、過去の上に未来を築いてゆくことにした男の話。だもん。そして臆病な男と... 続きを読む
  • この名作は、フランシス・フォード・コッポラ御大の『ゴッド・ファーザー』『地獄の黙示録』に連なるエディプスコンプレックス“父親殺し”モノである。御大ご本人のお父上は偉大な音楽家であったらしい。御大もインタヴューなどで「実際に起きたことではないが、すべて真実だ」と言っているように自伝的な作品であるらしい。しかし、父を殺すどころかアンジー(=コッポラ御大)は父から逃げる。(こういうダメダメな情けない男を演... 続きを読む
  • 「なぜ、こんな傑作がきちんとした形で公開されないのか?迫力と風格を兼ね備えた、残酷で美しすぎるモノクロームの映像は劇場でなければ「観た」とは言わせない!!」/元町映画館スタッフまず、いま元町映画館の前に出してある『テトロ』のポスターに張ってあるこの言葉。かつて今までにスタッフがこんなにも熱くなったことはあったであろうか。『テトロ/過去を殺した男』美しい。この一言に尽きる。圧巻のカメラワークと光の演... 続きを読む
  • 過剰にまくしたてたり演出を凝らしたりしなくても、伝わるものはちゃんと伝わる。監督の目線が素敵だ。映画の中心に据えられているのはピナ・バウシュという人でもコンタクト・ホーフという作品でもなく、ティーンエイジャーたちの恐れと葛藤、気恥ずかしさ、そして自意識からの一歩。彼らの成長を、挫折や復活などのいわゆる「ドラマティックな」場面を盛り込むことなく(つまり「泣かせようと」せずに)思いがけずあっさりと描い... 続きを読む

motoei_staff

元町映画館スタッフブログです。
おしらせや上映作品のみどころ、
日々のなにげないつぶやきなどなど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。